あなたのお悩みは?

熱中症を予防したい

熱中症とは、高温環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れたり、体内の調整機能がうまく働かないことによる障害のことをいいます。近年、家庭で発生する高齢者の熱中症が増えており、高齢者では住宅での発生が半数を超えています。熱中症を予防するには「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です。一度に摂取するのではなく、こまめな水分・塩分(ナトリウムなどのミネラル)の補給を心がけましょう。

こまめに水分・塩分補給

熱中症の予防には定期的な水分・塩分(ナトリウム)などの摂取が必要です。塩分濃度としては、0.1~0.2%の食塩水、または、ナトリウム40~80mg/100mlのスポーツドリンク・経口補水液などを摂取しましょう。のどが渇いていなくても20~30分おきに、こまめにカップ1~2杯程度摂取することが望ましいです。

暑さに負けない!からだを冷やすアイテム

熱中症は、夏の強い日射しの下で激しい運動や作業をする時だけでなく、身体が暑さに慣れない梅雨明けの時期にも起こりやすくなっています。外に出る際は衣類の工夫や、冷却材等の活用が大切です。体に熱がこもりすぎないよう、適度に冷やすことで熱中症の予防に効果的です。中でもハッカ油はスグレモノで、自分で薄めてハッカスプレーにしたり、掃除にも使えたりと工夫次第では様々なものに使えるオイルです。

お部屋でできる熱中症対策

室内にいるといつの間にか脱水症状になっていることがあります。家の最上階は昼間に上がった気温や湿度により熱がこもっています。扇風機や冷房も賢く使いながら、こまめに水分補給をしましょう。特に高齢者は年齢ともに温度の変化を感じにくくなるため注意が必要です。日頃から温度・体調管理に注意して、水分と塩分(ナトリウム)の補給を心がけることが大切です。

夏こそしっかりお風呂!

暑いとどうしてもシャワーが増えますが、ぬるめのお湯にゆっくりつかると、副交感神経が活発になり、リラックス効果が得られます。しっかり睡眠をとるためにも積極的にお風呂に入りたいものですね。

あなたにオススメの記事

ページトップへ