ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

あなたのお悩みは?

漂白剤の使い方が知りたい

漂白剤は、化学反応によって「シミや汚れを分解」します。
食べこぼしなどのシミに含まれる色素や、時間がたって変質したり、繊維の奥まで入り込んで落ちにくくなった皮脂などの汚れを分解して、落ちやすくします。主なものに塩素系と酸素系があります。

洗剤と一緒に使う液体漂白剤(酸素系)

洗濯用洗剤と「一緒に」使うのがポイントです。
洗濯する前にシミや汚れにつけてからふつうにお洗濯してください。酸素系漂白剤の成分は過酸化水素や過炭酸ナトリウムです。染料を脱色しないので、白物にはもちろん色柄物にも使用することができます。酸素系の漂白剤には、液体と粉末の2種類があります。

単体で使える粉末漂白剤(酸素系)

洗剤なしでも使用できます。
水洗いできる白物・色柄物(綿・麻・化学繊維)に使えますが、毛や絹には使用できません。つけおきでしっかり漂白できるのが特徴です。衣類に直接振りかけず、よく溶かしてからお使いください。

  • 食べこぼしなどのしつこいシミ汚れまで強力に分解。

    ワイドハイター 粉末タイプ 特大 750g

    538円 (税込)

  • しつこい汚れにお得な詰め替え用です。

    ワイドハイター 粉末タイプ つめかえ用 500g

    384円 (税込)

  • 漂白、消臭、除菌の3つの効果。成分は過炭酸ナトリウム100%です。

    酸素系漂白剤 750g

    397円 (税込)

  • 過炭酸ナトリウムとは

    過炭酸ナトリウムは、水に溶けると過酸化水素と炭酸ソーダに分解します。この分解により酸素が発生し、酸素のパワーで漂白効果が現れる物質です。有害ガスなどの発生もありません。

白物だけに使える漂白剤

漂白力が強く、染料まで脱色してしまうことから白物にしか使えない漂白剤です。主に強アルカリ性のものと塩素系漂白剤に分けられます。
強いアルカリ性のものは綿・麻・ポリエステル・アクリル素材だけに使えます。
塩素系漂白剤は次亜塩素酸ナトリウムを主成分とし、色柄物や一部の繊維には使用できません。

  • 黄ばみ・黒ずみをとり、真っ白に仕上げる、塩素系漂白剤。

    ハイター 小 600mL

    151円 (税込)

  • こちらも塩素系漂白剤。お買い得な特大サイズです。

    ハイター 特大 2500mL

    461円 (税込)

  • 特殊な汚れ専用。鉄分や赤土の汚れに効果的な還元系漂白剤。

    ハイドロハイター 150g

    248円 (税込)

  • 還元系漂白剤とは

    鉄分は酸化すると黄褐色に着色しますが、還元系漂白剤はそれを元にもどす働きがあります。ただし白物衣料以外には使用できませんのでご注意ください。40度くらいのお湯に溶かして使う粉末タイプです。

エリ・そで汚れには直接アタック!!

漂白剤、通常の洗剤やつけ置きと違い、汚れた部分に直接かけるタイプの漂白剤と漂白成分入りの洗剤です。
エリやソデ口などの皮脂汚れ、ソックスなどのドロ汚れなど汚れのひどい部分にはエリ・ソデ用や泥用の部分洗い剤を、食べこぼしなどのシミにはシミ用の部分洗い剤や漂白剤を塗ってから洗濯します。

あなたにオススメの記事

ページトップへ