ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

あなたのお悩みは?

生理痛


肥大した子宮内膜が着床せずに排出されるのが生理で、その際に生じる痛みが生理痛です。生理の際には子宮を収縮させて内膜を排出するのですが、この収縮させる伝達物質がプロスタグランジン(PG)です。PGの量は個人差があり、このPGの量が多い人は子宮の収縮が強く、痛みも強くなる傾向があります。またPGは痛みを司る物質でもあるため、PGが発生するということ自体が痛みの原因にもなっています。生理痛の緩和にはPGの発生を抑える痛み止めや漢方薬が使用されます。
あまりに強い生理痛には子宮内膜症などの重い病気が隠れていることがあります。「いくらなんでも痛すぎる」ときは医師の診察を受けましょう。

プロスタグランジン(PG)の産生を抑える痛み止め

過度な収縮と痛みの原因であるPGの産生を抑えます。頭痛などの痛み止めとして有名なロキソニンよりも、昔からあるイブプロフェンの方が子宮への移行が良く、生理痛には向いていると言われています。子宮の収縮を抑える成分を配合したエルペインも発売されましたが、便秘などの副作用があります。

生理痛に効果のある漢方薬

生理はホルモンバランスなどが大きく関与していますが、冷えや血の巡りなども生理痛の程度に影響を与えます。痛み止めを使って単純に痛みを抑えるのも悪くはありませんが、体質的に生理が重いという人は漢方薬を使ってみると高い効果を得られることがあります。ご自身の体質に合った漢方薬を選びましょう。

生理不順や生理に伴う貧血、冷えなどの医薬品

漢方薬をベースにした独自処方のものや、ビタミン剤などにより血行を改善し、冷えによる生理痛を緩和する薬があります。

あなたにオススメの記事

ページトップへ