あなたのお悩みは?

痛み対策

頭痛、生理痛、肩こり、腰痛に関節痛。程度の差はあれ、誰しも苦しめられたことがあるのではないでしょうか。体の痛みが様々であるように、それぞれに効果的な薬と言うものも違ってきます。痛みはなるべく早く取り除いたり、せめて軽くしたいもの。自分の症状に合った薬を選びましょう。

頭痛

片頭痛や緊張型頭痛、群発頭痛と、一言に頭痛と言ってもタイプが違います。自分の頭痛のタイプを見極めて適切な対応を取りましょう。片頭痛や群発頭痛は医師の診断が必要なケースもあります。

生理痛

ほとんどの女性が経験するであろう生理痛。その痛みの程度も様々であるが、体質的な差もあるので漢方薬も効果的な場合があります。子宮筋腫などの病気のサインにもなるので、痛みがひどい時や不正出血などがるときは婦人科を受診しましょう。

肩こり・腰痛

肩こりや腰痛に通常の痛みどめを使うことも少なくありませんが、痛み止めでは根本的な治療には繋がりません。漢方薬や筋肉弛緩剤も試す価値があります。外用薬は医療用医薬品からのスイッチも増えてきています。

関節痛・神経痛

関節の痛みに対しては通常の痛み止めを使用しつつ、コンドロイチン含有剤やビタミン剤などを使用して悪化を防ぐのが一般的です。神経痛にはビタミンB12を中心に使用しますが、改善が見られないときは医療機関の受診が必要になります。

あなたにオススメの記事

ページトップへ