ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

あなたのお悩みは?

水虫


水虫と言えば革靴を長時間履く機会が多い男性に多いものと見られていましたが、白癬菌そのものは自然界にごく普通に存在し、通気性の悪い環境にあれば性別に関係なく感染・発症します。感染した皮ふと接触することでも感染が広がるので、家族に水虫の方がいる場合は足ふきマットなどは共用しないようにしましょう。外用薬などで症状が治まってきても白癬菌は角質内にとどまっているので、皮ふが完全に入れ替わるまで1カ月以上は根気よく治療を続ける必要があります。

趾間(指の間)の水虫

水虫が発生する場所として最もイメージしやすいのが足の指の間です。水虫薬の宣伝などでは親指の付け根をイメージとして使うことが多いですが、実際には小指側のほうが発生頻度は高くなっています。症状としては乾燥して割れたりはがれたりするタイプと、ジュクジュクと湿っているタイプがあります。液体タイプはアルコールを含むため、ジュクジュクした部位に使用するとしみて痛むので注意が必要です。

土踏まずなどの小さな水疱の水虫

水虫といえば指の股の部分ですが、足の裏の広い部分にも感染します。このような場所では小さな水疱(みずぶくれ)になっていることが多く、指の股やかかとの場合よりも強いかゆみを伴います。このため、伸びのよいクリームやジェル、広範囲に使用できるスプレーが向いています。また、かゆみが強いのでかゆみ止めや冷感の強いものを選ぶと快適に過ごすことができます。

かかとなどの皮ふが厚くなる水虫

かかとの角質が厚くなってガサガサとしてくる水虫を、正式には「角質増殖型白癬」といいます。かゆみが非常に弱いため、乾燥による肌荒れなどと勘違いされて放置され、感染者を増やしてしまう傾向があります。角質が厚く・硬くなっているので浸透性の良いクリームや角質を軟らかくする尿素などを配合した薬が向いています。液体はアルコールの蒸発によって水分を奪い、角質の硬化を助長するため向いていません。

水虫対策用せっけん

水虫の予防・治療には足を清潔に保つことも重要です。通常のせっけんでよく洗うのも効果的ですが、殺菌成分が含まれた水虫用のせっけんも販売されており、水虫に対してはこちらの方がより効果的です。

あなたにオススメの記事

ページトップへ