ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

あなたのお悩みは?

乾燥肌


乾燥肌といえば秋冬の悩みでしたが、最近は1年を通じて乾燥肌に悩む方が増えています。乾燥肌は、皮脂分泌量の低下により角質の水分含有量が低下している状態です。皮ふの水分は、発汗、皮ふや呼気からの蒸発(不感蒸泄(ふかんじょうせつ)といいます)で減少し、体の内側または大気中の水分により供給されます。皮ふの保湿は皮脂、天然保湿因子(NMF)によって保たれています。ところがさまざまな要因で保湿バランスが崩れ、わずかな刺激で様々な症状を招きます。

【しっとりうるおう入浴剤】

入浴すると、肌がかゆくなった経験はありませんか?入浴時は角質層がゆるみ、もともと持っている天然保湿因子やセラミド等の細胞間脂質が浴湯中に流出してしまうため、皮膚が乾燥してしまうのです。逆に、角質層がゆるんでいる時は浸透性が高い状態でもあるので、保湿成分などが配合された入浴剤を使用することで効率的な乾燥肌・荒れ性対策をすることができます。

【入浴後は全身にクリームを塗って保湿ケア!】

入浴後の肌に保湿クリームを塗ると浸透力がアップして、回復も早くなります。特に皮脂が少ないため自然に乾燥してしまいがちな「すね」や「腕」は入浴時には肌に水気がのりますが、蒸発する時に過乾燥になるため、お風呂から上がって、時間をあけずに塗ることがポイントです。

【ボディミルク&ローションで乾燥対策!】

お風呂上がり、乾燥が気になる部分又は全身にボディクリーム付けますか?「クリームって、ヌルッとした感じが気持ち悪いし体に付けるなら、サラリとしたテクスチャーが良い」という方には、さらっとしてるけど、うるおい持続効果のあるミルク又はローションがおすすめ!

【乾燥肌対策の医薬品】

冬場の肌のかゆみは乾燥の他に、冷たい空気の刺激や寒暖差によって発生します。また寒さによる血行不良などで乾燥して傷んだ肌の回復も遅れがちになります。乾燥肌には尿素の保湿機能がよく使われますが、尿素は肌にとって刺激成分でもあるため敏感肌の人は尿素不配合の保湿クリームを使用しましょう。漢方薬も効果的なことがあります。

あなたにオススメの記事

ページトップへ