ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

あなたのお悩みは?

湿疹・虫刺され・汗疹



痒みの薬には非ステロイドのかゆみ止め、ステロイドのかゆみ止め、ステロイドと化のう止めの配合剤に大別されます。傷やジュクジュクしている部分にはステロイド単独では使用できないため注意が必要です。抗真菌薬が必要な湿疹もあるので、なかなか治らない場合は医療機関で相談しましょう。 あせもは原因さえ知ってしまえば予防するのはそんなに難しくありません。やたら薬を塗る前に、少し知っておきましょう。

湿疹・皮膚炎

抗ヒスタミン剤やステロイド剤の外用薬を使用して炎症や痒みを抑える薬です。痒みや炎症は免疫系が過剰に反応することで発生しますが、これらの薬は、その免疫系の反応を抑えることで痒みを抑えます。免疫を抑えてしまうため、感染症や化膿の可能性がある傷や粘膜にはそのままでは使用できません。傷を伴うかゆみに使うために抗菌剤を配合した痒み止めもあります。内服の抗ヒスタミン薬も広範囲の痒みなどには効果的です。

虫刺され

強いかゆみを発する虫刺され。抗ヒスタミン剤やステロイド外用薬を中心に、アルコールやメントールなど清涼感を与えるものや、リドカインのような即効性のある局所麻酔剤が配合されます。かきむしって傷にしてしまうお子様にはパッチ剤が有効です。

あせも

あせもとは、汗を出すための穴が詰まって、皮ふの中に汗がたまってしまうことで発生します。汗疹(かんしん)とも言います。あせもは予防がとにかく大切。実はかゆくなってしまった時の薬の使い方にも十分注意が必要なのです。あせもそのものは汗の出口に詰まってるものを洗って落とすことができれば回復します。 ベビーパウダーは予防のために使用します。ベビーパウダーであせもが治ることはないので注意。 かゆくなり始めたら非ステロイドのクリームなどを使います。掻き壊してしまうほどかゆみが強い時にはステロイドの外用薬も必要になりますが、ここまでにならないように気を付けましょう。

あなたにオススメの記事

ページトップへ