ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

あなたのお悩みは?

便秘


医学上は「3日以上便通がない状態」を便秘と定義しています。運動したり水分や食物繊維を多く摂ることで予防できますが、慢性化させないためにも必要なときは薬を使いましょう。内服や浣腸、整腸剤まで、薬は多数あります。便秘は肌の調子にも大きな影響を与えるので、最適な薬を選んで長引かせないようにしましょう。

下剤(内服)

腸内の水分が極端に少なくなってしまったり、大腸の動きが悪くなることで便秘症状が発生します。便秘薬の多くはこの大腸を刺激して動かすもので、このタイプは腹痛を伴います。苦手な方は痛みの少ないタイプ選びましょう。腸内の水分を増やして便の動きを改善する薬もあります。

浣腸・坐薬

肛門付近を刺激することで排便を促し、便秘を解消する薬です。内服薬として使う成分を坐薬にしたものもありますが、肛門付近のみを刺激するため腹痛が軽くなるという効果もあります。常用すると慣れて効きにくくなってしまうので注意が必要です。

整腸剤

便秘時・便秘後の腸内環境を整える目的で使用します。腸内の水分など、環境のバランスが保たれていれば腸の動きも保たれ水分も適正に保つことができます。

あなたにオススメの記事

ページトップへ