ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

あなたのお悩みは?

鼻炎


鼻炎は蓄膿症などに代表される継続した症状が特徴の慢性鼻炎、感冒(風邪)の時などに一時的に発生する急性鼻炎、花粉症などアレルギー物質に対する反応として発生するアレルギー性鼻炎に分けられます。症状に適した薬を選ぶことで副作用を抑えつつ効果的に使用することが可能になります。状況にあった薬を選びましょう。

鼻炎用内服薬

抗アレルギー薬は効き始めるまでに時間がかかりますが安定して効果を発揮して眠気が少なくなっています。抗ヒスタミン薬など急性鼻炎の薬は即効性が期待でき効果も実感しやすいが、眠気など副作用が出やすい傾向があります。ちくのうなどの慢性鼻炎には漢方薬が効果的です。

漢方薬

鼻水を止めるタイプや鼻づまりに効くタイプ、ちくのうなどの慢性鼻炎や膿を出すタイプなど様々な薬があります。それぞれに特徴があるので体調や体質によって選ぶ必要がありますが、眠気が出る成分を含まないということから、体質に合えば非常に使いやすいという特徴もあります。

点鼻薬

点鼻薬は主に抗アレルギー成分、血管を収縮させて鼻づまりを抑える成分、ステロイドによって鼻粘膜の炎症とアレルギー反応を抑えるタイプがあります。ステロイドは内服ではないので副作用の心配はほとんどありませんが、血管収縮タイプの連用は注意が必要です。

あなたにオススメの記事

ページトップへ