ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

ココカラファインのお役立ち情報

尿もれ&関節痛対策で秋を楽しく!

秋を元気に楽しく過ごすために尿もれ&関節痛対策

ぶどう狩りやなし狩り、温泉、紅葉、スポーツなど、秋は楽しいお出かけが盛りだくさん。秋の行楽を快適に楽しむためのアイテムとエクササイズをご紹介します。

【お悩みFILE 1】尿もれ

トイレになかなか行けないときや、くしゃみをしたときなどに、尿がもれてしまうことがあります。ニオイでまわりの人に気づかれたらと思うと、出かけるのが心配です。

尿もれ対策 その1

尿もれは、40代女性の3人に1人以上が経験しています。※ユニ・チャーム調べ

尿ケア専用アイテムを使って、水分とニオイを閉じ込めましょう。

尿ケア専用アイテムのかわりに生理用品を使っちゃダメ?

生理用ナプキンで尿を吸収すると、水分が表面に残ってベタベタした感じがします。その状態が続くと、かぶれてしまうことも。
尿ケア専門の「チャームナップ 吸水さらフィ」は、水分(尿)を吸収して固めるポリマーが生理用ナプキンの2倍~32倍(微量用~長時間安心用)も配合されているため、吸収後も表面はサラサラ。気になるニオイも消臭できます。

チャームナップ 吸収さらフィ

水分・ニオイをしっかり吸収ナプキンサイズ

高吸収ポリマーとなみなみシートで瞬間吸収! お肌サラサラ!気になるニオイをダイレクトにキャッチして24 時間ずっと消臭します。
※ポリマーとシクロデキストリンによる消臭効果

ユニ・チャーム
チャームナップ
吸水さらフィ

少量用<32枚>
中量用<18枚>

尿もれ対策 その2

尿もれの原因で多いのが「骨盤底筋」のゆるみ。骨盤底筋を鍛えることで、尿もれを防ぎましょう。

骨盤底筋を鍛える簡単エクササイズ

①仰向けに寝てひざを軽く立て、下腹部に手を起きます。
②肛門と膣を引き締め、10秒間キープします。
③力を抜いてリラックスします。
※①~③を10回繰り返します。

【お悩みFILE 2】関節痛

長時間歩くと、ひざや足首が痛くなります。紅葉の時期にお寺や神社を見てまわりたいのですが、階段の上り下りがつらいのであきらめようかと悩んでいます。

関節痛対策 その1

痛みを軽くするアイテムを利用しましょう。

どんな対策アイテムがいいの?

「バンテリンコーワサポーター」は、関節を外からサポートし、関節への負担を減らして痛みをなくします。
「キューピーコーワコンドロイザー」は、有効成分が体の中から痛みを取り、さらに関節のクッションとなる軟骨成分の合成を促進します。症状に合わせてどちらかお好きな方または両方を試してみてください。


生活テーピング理論で関節の動きをしっかりサポート!
バンテリンコーワサポーター

ひざの動きをしっかりサポート!

伸縮率の異なる数種類の特殊機能を採用し、ひざを下と横から支え、さらにひざの「お皿」の部分を持ち上げるようにしっかりサポート!

興和新薬
バンテリンコーワ サポーター

ひざ専用<ふつうMサイズ>


不安を感じる手くびを力強くプロテクト!

パワーテーピングベルトを巻きつけることで、手くびをしっかり守ります。面ファスナーを留める位置によって固定力の調節が可能です。

興和新薬
バンテリンコーワ サポーター

手くび専用しっかり加圧タイプ<ふつうMサイズ>


弱っているひざの働きを力強くアシスト!

テーピング構造を進化させたパワーテーピングベルト採用! 固定力が調節でき、階段の上り下りもラクに。

興和新薬
バンテリンコーワ サポーター

●ひざ専用しっかり加圧タイプ ブラック
<ふつうMサイズ><大きめLサイズ>


不安を感じる足首を力強くホールド!

グラつきがちな足くびをしっかり固定します。足首が外側に曲がりすぎることを防ぎ、足くびのブレを抑制することで歩きやすくなります。

興和新薬
バンテリンコーワ サポーター

足くび専用しっかり加圧タイプ 右足用
<ふつうMサイズ>

キューピーコーワコンドロイザー

今ある痛みに効く唯一のコンドロイチン配合製剤!

生薬ボウイがツライ痛みを抑え、コンドロイチン硫酸ナトリウムが関節軟骨に働きかけてくれます。

興和新薬
キューピーコーワコンドロイザー

<90錠><160錠><250錠>【第2類医薬品】

関節痛対策 その2

関節痛の原因は、生活習慣やスポーツ、加齢、肥満、病気などさまざまです。中でも多いのが、加齢によってひざの軟骨が磨り減ることで痛みが起こる「変形性膝関節症」。症状が軽いうちに、ひざまわりの筋肉を鍛えておくと、ひざへの負担と痛みを軽減できます。

ひざまわりの筋肉を鍛える「イス・スクワット」

ひざを深く曲げると、ひざへの負担が増えます。直角か、それよりも浅い角度で曲げましょう。
痛みが強くなる場合は中止してください。

①イスの前に立ち、足を肩幅に開いて、両手を水平に伸ばします。


②そのままお尻を突き出すように、ゆっくり座っていきます。

【!】体を前に倒しすぎない。背中を反らせない。猫背にならない。


③イスに座ります。
※①~③を10回繰り返します。

【!】イスは、曲げた足が直角になる高さ。またはそれよりも高いイスで。

エクササイズ&ストレッチ監修:もみじはりきゅう整骨院 飯田純司院長(http://www.momiji-ac.com/)

こんな記事もチェックしています

ページトップへ