お役立ち情報

男性だけの悩みじゃない 女性の薄毛、どうしたらいい?

男性だけの悩みじゃない 女性の薄毛、どうしたらいい?

はじめに

男性特有の症状だと思われがちですが、実は薄毛に悩んでいる女性は少なくありません。
髪は「女の命」と言われるほど、女性にとって大切なもの。薄毛についての正しい知識と適切な対処で薄毛の進行を食い止め、大切な髪を守りましょう。

男性とは理由が違う? 女性の薄毛はどうして起こるのか

同じ薄毛でも、男性と女性では原因が異なることを知っていますか? ここでは項目別に女性特有の薄毛の主な原因についてご説明します。

加齢による女性ホルモンの減少

女性ホルモンにはいくつかの種類がありますが、主要な女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは、髪にツヤやコシを与え、髪の成長を促し、成長期間を持続させる役割があります。

女性においては、20代にエストロゲンが分泌のピークをむかえ、その後は徐々に少なくなっていきます。そして、40代半ばに女性ホルモンが減少するいわゆる「更年期」になると、髪が細く抜けやすくなり、薄毛を引き起こしやすい状態になります。

また更年期でなくても、食生活の乱れ・ストレス・過剰なダイエットなどが原因で女性ホルモンが減少すると、薄毛のリスクは高まってしまいます。

男性においては、男性ホルモンの分泌は髪の成長を促しません。男性ホルモンの大部分はテストステロンが占めますが、テストステロンには、体毛の成長を促す効果はありますが、頭髪に対しては逆に成長を妨げる性質があります。

生活習慣によるホルモンバランスの乱れ

過剰なダイエット・喫煙・食生活の乱れ・ストレスなどは、血流を悪くし、ホルモンバランスを崩す原因となり、髪に悪影響を及ぼします。また、髪のダメージ回復と成長を促す成長ホルモンは、就寝中にさかんに分泌されますので、十分な睡眠を取らないことも薄毛のリスクを高めます。

ヘアアレンジによる頭皮への負担

頻繁なヘアアレンジが原因で薄毛を引き起こす「牽引性脱毛症」は女性に多く見られる症状です。ポニーテールやまとめ髪のスタイルなどで日常的に髪をきつく結んだり、ヘアアイロンなどを使用したりすると、頭皮が強く引っ張られ、大きな負担がかかります。このような負担を長年続けているうちに、生え際が後退したり、髪の分け目が広がってしまうのです。

特にヘアエクステンションやドレッドヘアなどは、長期間、髪の根元を強く引っ張るため、深刻な症状を引き起こすことが多いと言われています。

頭皮環境による負担

女性に多いパーマやヘアカラー、髪の洗い過ぎやリンスやトリートメント類の使い過ぎも頭皮や毛根を傷つけるため、薄毛のリスクを高めます。

また、これは女性だけに限りませんが、紫外線を浴びることによる頭皮の日焼けと乾燥も、抜け毛の原因となります。

どうすれば改善できる? 女性の薄毛対策

このように、女性の薄毛には女性特有の要因があるため、男性とは改善対策も異なります。どういうポイントに注意すれば女性の薄毛の進行を防ぎ、改善できるかについてご紹介しましょう。

バランスの良い食生活

バランスの良い食事を摂ることによって、女性ホルモンの減少を防ぎ、ホルモンバランスを整えます。女性ホルモンを増やしたい人は、特にたんぱく質や鉄分を多く取りましょう。たんぱく質を多く含む食品は、赤身の肉・卵・魚・豆製品など。鉄分を多く含む食品は、レバー・ひじき・まぐろなどです。

正しいヘアケアで髪へのダメージを防ぐ

自分の頭皮の状態に合ったシャンプーを選び、リンスやトリートメント類はすすぎ残しがないよう、丁寧に洗いましょう。

・セグレタ 地肌クレンジングシャンプー本体 200mL

・50の恵 髪と頭皮の養潤シャンプー 400mL



・50の恵 髪と頭皮の養潤トリートメント 400mL


パーマやヘアカラー、特にヘアエクステンションはできるだけ控えましょう。髪をきつく結ばないように気をつけ、定期的に髪の分け目を変えるようにしましょう。

また、紫外線のダメージを防ぐため、帽子や日傘を使用し、頭皮に直射日光を浴びないようにしましょう。

育毛剤を取り入れる

必ず女性専用の育毛剤を、使用法に従って正しく使うようにしましょう。

・リアップリジェンヌ60mL[第1類医薬品]


・コラージュフルフル育毛スプレー150g

その他日常生活で気をつけるべきこと

インスタント食品・添加物・スイーツやアルコールの摂り過ぎはやめましょう。喫煙も髪にダメージを与えます。

特に薄毛の増加する中年世代の女性は、子どもの進学や親の介護など、いろいろな悩み事が重なる時期でもありますが、できるだけストレスを溜めず、自分なりに上手に発散するような工夫をしましょう。そして十分に睡眠を取りましょう。

気になる薄毛を上手にカバーするアイデア集

ヘアスタイル

・分け目を変えるだけでボリュームが出ます。牽引性脱毛症を引き起こさないためにも、こまめに分け目を変えましょう。

・頭頂部に近いところから厚めの前髪にしてみましょう。

・ロングヘアは髪の重みで毛根が引っ張られます。カットによりトップにボリュームをもたせやすいため、ショートヘアがおすすめです。

・前髪のポンパドールでボリュームアップしましょう。

・髪をまとめる時はダメージを抑えるために強く引っ張らず、ふんわりと無造作に結び、ボリューム感を出しましょう。

・中央で髪をまとめるより、左右どちらかで髪をまとめる「アシンメトリー」なスタイルは、目の錯覚でボリュームが多く見えます。

ヘアアイテム

・ヘアバンド・ターバンは前髪や生え際カバーの効果大です。上手に取り入れましょう。

・おしゃれな帽子は、紫外線対策にもなります。

女性用ウィッグ

・以前は高価なものという印象の強かったウィッグ。最近はリーズナブルでバリエーション豊富な女性用ウィッグを、おしゃれ感覚で気軽に取り入れる人が増えています。フルウィッグだけでなく、手軽な部分用ウィッグもおすすめです。

手軽に簡単ボリュームアップ>>

おわりに

女性特有の薄毛の原因をよく理解し、正しく対処することで、薄毛が進行しないように保つことが出来ます。日頃からの心がけが大事ですね。

また、髪が気になっておしゃれや外出が楽しめないということがないよう、薄毛カバーのアイデアもぜひ参考にしてみてください。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ