ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

屋内でも夜間でも! 日常に潜む熱中症のリスクにご用心

屋内でも夜間でも! 日常に潜む熱中症のリスクにご用心

はじめに

近頃の日本の夏はまさに灼熱地獄。

気温も湿度も安定せず、急に高くなったり低くなったりと熱中症のリスクがそこかしこに潜んでいます。

熱中症は高温や多湿が原因の病 だけに、さまざまなシチュエーションで発症するのが怖いところ。若く健康な人でも急激な温度変化にからだがついてゆけずに発症する恐れがあります。
さらに重症化すると命にも関わるため、対処法や予防法を確認しておきましょう。

原因も症状もそれぞれ。熱中症のタイプは4種類

「熱中症」とは暑さの影響で生じる体調不良の総称です。国際分類では以下の4つに分けられ、特に直射日光が引き起こすものを「日射病」と呼んでいます。

【熱失神】

原因:熱を体外に逃そうとして皮膚の血管が広がり、脳への血流が減った
症状:めまい・冷や汗・一過性の意識障害など

【熱けいれん】

原因:大量に汗をかいたのに、水分だけを補給したため、血液の塩分濃度が低下した
症状:手足のけいれん・筋肉痛・足がつるなど

【熱疲労】

原因:大量の汗をかいているのに水分補給できず、脱水症状が起こった
症状:全身の倦怠感・吐き気・嘔吐・頭痛・集中力や判断力の低下など

【熱射病】

原因:熱が体内にこもってしまい、体温調節機能に異常を来たした
症状:体温上昇・意識障害・ふらつく・発汗停止・全身の臓器の障害

いずれにせよ、「おかしいな」と思ったらすぐさま涼しい場所に移動し、水分とミネラル分を補給してください。お勧めはOS-1などの経口補水液ですが、なければ水でも構いません。さらに衣服を緩めて体を煽いだり、太い血管が走っている首、腋の下、太腿の付け根に保冷剤を当てたりして、体内にこもった熱を下げることが重要です。

熱中症と疑われる人がいた場合、意識がないなら迷わず救急車を呼び、周囲の人がひとまず首、腋の下、太腿の付け根を冷やすのがベターです。このとき、無理に水を飲ませようとしてはいけません。何かの拍子に気道に水が入り込み、窒息する可能性が出てきます。これは嘔吐の症状が出ている場合も同様です。

屋内でも油断は禁物!熱中症が発生しやすい意外な場所

炎天下が危ないのは容易に想像がつきますが、実は熱中症の約4割は屋内で発生しています。特に風通しの悪いバスルーム、火を使うキッチンや飲食店の厨房、せまく熱がこもりがちなトイレ、直射日光にさらされるマンションの上層階などは要注意。これらの場所は気温や湿度が高くなりがちなので、日頃から換気などに気を配りましょう。

また、厄介なのが熱帯夜。もともと人間は一晩にコップ1杯程度の汗をかきますが、夜間も気温が下がらないと、発汗量が大幅に増えてしまいます。その結果、眠ったまま脱水症状に陥ったりすることもあるのです。予防として就寝前に水を飲んだり、エアコンのタイマーを活用するなどしてください。

暑気を払う衣食住の工夫で熱中症を予防

甘く見ていると痛い目にあう熱中症ですが、ちょっとした衣食住の工夫で防ぐことは可能です。小さな涼を積み重ねて、賢く夏を乗り切りましょう。

【衣】

通気性や吸湿性に優れ、触るとひんやりするクール素材の布地は、熱中症対策の強い味方。下着などに取り入れれば、多少なりとも暑さがやわらぎます。また、日傘や帽子で陽射しを防ぐのも有効ですし、首元を冷やすネッククーラーやコールドスプレーなど、冷却グッズを利用するのもお勧めです。

【食】

夏場の水分補給は死活問題。とはいえ、一気に飲むと内臓に負担がかかるので、スポーツドリンクなどのペットボトルや水筒を持ち歩き、こまめに喉を潤す方が安心です。また、高齢者や子供は熱中症の自覚が薄く、対処が遅れてしまいがち。喉が渇かなくても水分を補給するよう、周囲が気を配ってあげましょう。

オーエスワンゼリー200g


アクアライトオーアールエス125ml

一方、日々の食事を通して、暑さに負けない体を作ることも大切です。夏に積極的に摂りたい栄養素は、疲労回復に欠かせないビタミンB1やクエン酸、ナトリウムとセットで体内の水分バランスを整えるカリウムなど。ビタミンB1は豚肉やウナギなどに、クエン酸は梅干やレモンなどに、カリウムはパセリやアボカド、豆類などに多く含まれるので、上手にメニューに組み込んでください。塩分は夏でも摂りすぎないようほどほどに。

【住】

電気代や体の冷えが気になるのはもっともですが、昨今の夏はエアコンや扇風機なしでは過ごせません。室温28℃を目安に、適度な使用を心がけてください。また、室内にゴタゴタと物を詰め込むと、熱がこもりやすくなります。風の通り道を確保し、さらにすだれなどを使って外壁への直射日光をさえぎれば、室温の上昇を防ぐことができます。

おわりに

「夏は暑くて当たり前」でも、最高気温が35℃もあるようでは、さすがに体が追いつきません。無理せず「ちょっとひと涼み」を実践して、熱中症のリスクを減らしたいものです。

熱中症予防はこちら>>

こんな記事もチェックしています

ページトップへ