お役立ち情報

暑い夏!食欲のない時に食べたい「いわしの南蛮漬け」

暑い夏!食欲のない時に食べたい「いわしの南蛮漬け」

はじめに

夏は、暑くてどうしても食欲がわかないという方も多いのではないでしょうか? 今が旬のいわしをサッパリと南蛮漬けにしました。

いわしの南蛮漬けの作り方

調理時間15分
カロリー(1人分)196kcal、脂質16.7g、塩分0.9g

材料(2人分)

・いわし(開いたもの)・・・3尾(180g)
※頭と中骨を取って開いたもの。

・ピーマン・・・・・・・・・1個(50g)
※細切りにする。

・パプリカ(赤・黄)・・・・各1/2個(50g)
※細切りにする。

・玉ねぎ・・・・・・・・・・1/3個(60g)
※細切りにする。

・片栗粉・・・・・・・・・・適量

・サラダ油・・・・・・・・・小さじ2

<南蛮酢>
・酢・・・・・・・・・・・・50ml

・めんつゆ(3倍濃縮)・・・・40ml

・水・・・・・・・・・・・・60ml

・砂糖・・・・・・・・・・・大さじ1

・みりん・・・・・・・・・・大さじ2

・鷹の爪・・・・・・・・・・1本
※鷹の爪は細かく刻む。ボウルに全て入れて合わせておく。

作り方

1.煮る
小鍋にサラダ油(小さじ1)を中火で熱し、ピーマン、パプリカ(赤・黄)、玉ねぎを1分程度軽く炒める。
<南蛮酢>を加えてひと煮立ちさせる。

2.焼く
いわしは、食べやすい大きさに切り、塩(分量外)をまぶして5分おく。
キッチンペーパーで余分な水分を拭きとり、片栗粉を薄くつける。フライパンにサラダ油(小さじ1)を中火で熱し、いわしを並べ蓋をし、両面きつね色になるまで焼く。

3.漬ける
耐熱容器に1と2を入れて粗熱を取り、冷蔵庫で1~2時間漬ける。

おわりに

いわしには、脂肪酸のDHA、EPAの他、カルシウム吸収を促すビタミンDが豊富に含まれています。 今回は油で揚げずに、少量の油で焼きました。カロリーも抑えられ、酢に漬けることで、小骨まで柔らかく、サッパリと食べられます。(鮭、鯵、鯖などでもOK!)
また、カレー粉を加えるとスパイシーで、食欲をそそりますよ! 食欲がないときや、骨の健康が気になるときにおすすめです。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ