お役立ち情報

カサカサ肌をどうにかしたい! 花粉時期の美肌対策

カサカサ肌をどうにかしたい! 花粉時期の美肌対策

はじめに

花粉が多く飛散する時期、いつもより肌荒れが気になることはありませんか?
花粉のお悩みは、くしゃみや鼻水だけではありません。この時期ならではの肌トラブルの対処法をご紹介します。

鼻のまわりや肌がかさつく原因は?

花粉の季節になると、お肌全体がカサカサになったり目や鼻の周りが赤くなったり、痒みや湿疹が出てしまう人がいます。これらの症状がある場合、「花粉症皮膚炎」が疑われます。

花粉が原因でアレルギー反応を起こし、かさつきや痒みなどの炎症を起こす人もいます。これは何かに触れることで起こる「接触性皮膚炎」に当てはまる症状で、特にアレルギー体質の人でなくても、この時期だけ反応がでてしまう人が多いのも特徴です。

また、春は乾燥しやすく、紫外線の量も増えてくる季節。肌への負担が大きくなり、「花粉症皮膚炎」による肌のバリア機能も低下。目をこすったり鼻をかんだりといった摩擦による肌へ刺激が原因で、さらに悪化してしまいます。

花粉による肌荒れ対処法

花粉で肌荒れしてしまったら、どうすればいいのでしょうか。

一番は、原因となる花粉を浴びないことですが、無菌室のような部屋にでも入らない限りまったく花粉を防ぐということは難しいですよね!では、より悪化させないためにはどうしたらよいか。

他にも花粉症による肌トラブルのためにできることがあります。

マスクの選び方に気をつける

花粉症対策の必需品であるマスクですが、弱った肌の摩擦によるかさつきや、ムレによって起こる吹き出物の悪化などの心配もあります。清潔さを保つため、使い捨てマスクは、使ったら新しいものに取り替えることは必須です。

肌への摩擦を減らすには、顔にフィットしすぎない立体型を選ぶといいでしょう。

最近では、口紅がつきにくいように口元の空間を確保しているものやスプレーするだけで花粉をブロックするものもあります。メイクの上からもスプレーできるので、マスクによる化粧崩れを気にしなくていいですね!

またマスク形状をラウンドフォルムにすることで、つけた時にスッキリとした小顔に見えるように工夫されたものなど、女性に嬉しい商品も出ています。

関連商品はこちらから>>

洗顔に一工夫

洗顔のときは湯の温度にも気をつけ32度~34度のぬるめのお湯で洗い、清潔なタ オルで優しく拭うなど肌をこするという行為を出来るだけ避けるなどの工夫も重要です。

スキンケア用品を低刺激性のものに

肌のバリア機能が低下し、いつも使っているスキンケア用品が合わなくなることもあります。バリア機能を高めるためには、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン等の保湿成分が配合された美容液やクリームがオススメです。

保湿のためにベタベタとつけず、敏感肌の人でも使える低刺激性化粧品を選び、こまめに保湿していくといいでしょう。

化粧水さえしみる乾燥肌の方へ>>

ベースメイクは?

ファンデーションを選ぶ場合は、界面活性剤や防腐剤などの添加物が少ないものを選びましょう。また、炎症を起こしている肌には刺激を与えてしまいますので、肌への負担が少ないものを選びましょう。

ひどいときは皮膚科へ

敏感になっている状態なので、化粧品類に反応を起こしやすく、注意が必要です。ドラッグストアなどで「トラブル+スキンケア(炎症を鎮めるまたはかゆみを抑えるのある)」商品も販売されているので、症状にあった化粧品を選ぶ事も大事です。

オススメ>>

肌がヒリヒリして痛いなど、肌荒れがひどい場合はすぐに皮膚科へ行きましょう。

肌荒れしてもすっぴん肌はNG

肌荒れのときは、メイクをしないほうがいいのでしょうか? 迷ってしまう女性は多いと思いますが、“悪化してしまうからノーメイク”というのは間違いです。

なぜかというと、2月頃からは紫外線量(UV-A)が増加するので、外出時の日焼けによる肌へのダメージは大きくなります。さらに、花粉や空気中のホコリが直接肌に触れることで、肌荒れの原因となってしまいます。

だからといって普段通りのメイクは肌に負担をかけます。

低刺激性の日焼け止めクリームなどもあるので、少なくとも日焼け止め+パウダーなどの最低限のナチュラルメイクをするよう、心がけましょう。

お肌にやさしい日やけどめ>>

おわりに

花粉症だけでもツラいのに、肌荒れしてしまったら女性にとっては一大事です。マスクや化粧品選びを工夫して、できることから花粉に負けない肌を目指しましょう。

関連記事はこちら>>

こんな記事もチェックしています

ページトップへ