お役立ち情報

気づいたときには"冬太り"エネルギーを燃焼してすばやくチェンジ!

気づいたときには冬太りエネルギーを燃焼してすばやくチェンジ!

はじめに

冬になると急に太ってしまう“冬太り”に悩む方、意外と多いのではないでしょうか。その原因は、宴会での食べ過ぎや飲み過ぎだけではないのです。

何がダメだったのかを理解し、対策を考えていきましょう。

“冬太り”の原因はこれ!

“冬太り”の主な原因は、3つあります。

食べ過ぎ・飲み過ぎ

これはみなさんの予想通りだと思います。忘年会や新年会が続き、気がつけば体重が大幅アップ。宴会では、美味しいそうに盛られた大皿から好きなだけ取って食べ、飲んでいる途中でもお酒をどんどん注ぎ足される……そのうち食べた量や飲んだ量を把握できなくなってしまいます。そのため自分でセーブしづらくなり、つい食べ過ぎたり、飲み過ぎたりしてしまうのです。

体の冷え

人の体は体温を維持するため、エネルギーを蓄えようとします。特に冬は寒さで熱(エネルギー)を消費する分、他の季節以上にエネルギーを蓄えようと体が考え、脂肪や水分が溜まりやすくなるのです。

運動不足

年末年始に食べる量が増えるのに対し、家でゆっくりと過ごすことが多くなり、運動量が減ったり、さらに寒さで動くことが面倒になったりして、運動不足になりやすいのがこの時期です。

脂肪燃焼は冬!

意外と思われるかもしれませんが、「冬は寒さで熱(エネルギー)を消費する分、他の季節以上にエネルギーを蓄えようと体が考え、脂肪や水分が溜まりやすくなる」と前述しましたが、その余分な脂肪を燃焼してエネルギーに変える脂肪細胞があります。

脂肪細胞には、逆の役割を持つ「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」の2種類があります。「白色脂肪細胞」は脂肪を蓄積する働きをもち「褐色脂肪細胞」は熱を作り出し、余分なエネルギーを燃やしてくれる働きがあります。それで冬になり寒くなると、体温を一定に保とうと脂肪を燃やし、熱に変えてくれるのです。

ですがこの「褐色脂肪細胞」は年齢とともに減ると考えられていますので、細胞に刺激を与え、働きを助けるとよいでしょう。その方法もいくつかあります。

1.暖房の温度を下げて適度な寒さを感じさせる

2.食べ物をよく噛みじっくり味わって味覚の刺激を与えたりする

3.唐辛子やショウガなどを摂取することで、温度受容体を刺激させる

寒いからといって運動をしないのではなく、ストレッチなど家の中でもできることはたくさんありますので、試してみてください。

食生活で“冬太り”撃退をしよう

では、“冬太り”してしまったら、具体的にどうすればいいのでしょうか。実は、その対策は難しいことではありません。普段の食生活からでも、できることはあります。

●温かいスープや味噌汁を飲む

温かい汁物を飲んで、身体を温めましょう。体を温めて血行をよくすることにより代謝がアップして、カロリーが消費されやすくなるといわれています。温かい汁物に限らず、体を温める食材はたくさんありますので、意識して摂取しましょう。

●夕食時間を早くする

時間栄養学では、朝食から夕食までの時間を12時間以内にすることで、生体リズムが整えられ、代謝アップにつながると言われています。夕食は、就寝の2〜3時間前に軽めにとるのがオススメ。夜遅い時間に夕食をとると摂取したエネルギーが使用されず、内臓脂肪として蓄積されやすいことがわかっています。食事の時間を意識し、減量を目指しましょう。

●ごはんより先に野菜!

ごはんやパンなどの炭水化物を食べると血糖値が急上昇しインスリンが分泌され、血糖を脂肪に変えてしまいます。この血糖値をゆっくり上げるためには、野菜を炭水化物より先に食べること。同じ食事メニューでも食べる順番を変えるだけで、現状以上の冬太りをストップさせることができるかもしれせん。この時期「鍋」料理は、野菜をタップリ摂れ、体も温まるので最適です。

●手軽な飲み物を取り入れてみましょう

「高濃度の茶カテキン」を含む飲料や、「血糖値の上昇をゆるやかにする難消化性デキストリン」を含むグルコケア(「特定保健用食品」)などの商品もドラッグストアで数多く販売されています。

飲み物ならいつでも手軽に取り入れられますので、一度試してみては?

おわりに

冬は太りやすいとお悩みの方が多い季節。一時的なものだからと放置してしまうとさらに脂肪がついていたということもあるので、注意が必要です。太ってしまったことを諦めず、できることからはじめましょう。そして冬になる前の体重に戻し、すっきりとした春を迎えましょう。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ