ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

冬場の足の痒みや痛みは? それって"しもやけ"が原因かも!

冬場の足の痒みや痛みは? それって

はじめに

冬の皮膚トラブルの中では比較的ポピュラーな“しもやけ”ですが、「子供がかかる病気」また、「寒さが原因なので寒冷地に住む人がかかるもの」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。実は都市生活者においても“しもやけ”は発生し、とくに足の“しもやけ”は誰もが引き起こす可能性がある、身近な皮膚トラブルです。

足の“しもやけ”はなぜ起こる?

しもやけ(別名:凍瘡・とうそう)は、乾燥した冷気に長時間、晒されていることによって起こります。また、寒い季節は血管が収縮し血行不良を起こしやすく、とくに体の末端部分である足や足の指先はその影響を受けやすいといわれています。では、なぜ靴を履いてる足先が“しもやけ”になるのでしょうか?

細いパンプスやふくらはぎから足全体にフィットするブーツを履くことが多い女性は、足の指先が圧迫され、血行不良を起こしやすい状態になっています。また足を圧迫するという点では男性のビジネスシューズも例外ではありません。

そして何よりも暖房の効いた屋内では靴の中がムレてしまい、そのまま寒い屋外に出ることで靴の中でかいた汗が乾いた後の急激な冷えによって靴の中に寒暖差が生じることなどが“足のしもやけ”を起こす原因と考えられます。

つまり“足のしもやけ”は、寒い地域に住む人や老若男女問わず、冬の屋外と屋内の寒暖差で誰でも引き起こす可能性のある皮膚トラブルなのです。

気になる足の“しもやけ”、その症状は?

足の“しもやけ”の症状は人によって様々です。足の指の中でも特に“しもやけ”を引き起こしやすい、小指が赤く腫れて痒みが生じたり、足全体が赤く腫れて歩く時はもちろん、靴を履いただけで痛みを感じたりすることもあります。場合によっては、足の裏に湿疹ができたり、水泡やタダレが起きたりすることも!

痒み程度で…と侮るなかれ。先述したとおり“しもやけ”による足先の痒みや痛みは、屋外から屋内に入った寒暖差が大きい時こそ起こるもの。それゆえ出勤直後などに痒みや痛みが生じやすく、「さあ、仕事をしよう」という気持ちや集中力を下げるなど、日常生活のあらゆるシーンで支障をきたします。

足の“しもやけ”予防と対策

血行を良くしよう

まずは、温めることが大事です。内部から温めるために血行をよくしましょう。

血行をよくする“ビタミンE”は、サプリメントや食事から補えますが、この成分が配合されている軟膏などもドラッグストアで販売されています

ビタミンE配合軟膏はこちら>>

マッサージと靴下選び

たとえば外出前に玄関先で20〜30秒ほど足を揉むだけで、足先の血行は良くなります。また、なるべく足の指を開いておくことも効果的。血行不良を起こさない五本指タイプの靴下やムレや冷えから足を守る通気性、保温性のある靴下もオススメです。

下半身を温めよう

下半身にゆとりを持たせるのもいいでしょう。ボディライン重視のガードルのような締めつけタイプの下着ではなく、腹巻きタイプや毛糸製の下着を着用すると血行を阻害せずあたたまりやすくなります。また、靴下用カイロを使うなど、温めることを心がけましょう。

植物油を摂取しよう

また食事の際にはビタミンEを多く含む大豆やアーモンドなどの豆類や、サラダ油やマヨネーズなど植物油を摂ることを意識しましょう。ダイエットのために油分摂取を控えている方もいるかもしれませんが、まずは健康に過ごすことが第一です。

また、緑黄色野菜に多く含まれるβカロテンやビタミンCは、ビタミンEの吸収率を上げてくれるので一緒に摂るのがおすすめです。

ゆっくりお風呂に入ろう

そしてなんといっても一日の終わりは、湯船にしっかり浸かって足先まで温めましょう。適温は40度以下で、長く時間をかけて温まるのが効果的。普段から足先まで温めることを意識することが大事で、入浴中にふくらはぎから足先までマッサージすると、よいでしょう。

おわりに

しもやけの症状として足の痒みや痛みがありますが、症状自体は軽いものでも、常に感じているとイライラするなどストレスの原因ともなります。なかなか症状が改善されない場合は、自己判断せず皮膚科などの医療機関に相談してみましょう。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ