お役立ち情報

知って得する! セルフメディケーション税制の活用法

知って得する! セルフメディケーション税制の活用法

はじめに

平成29年1月1日から、確定申告における従来の医療費控除制度の特例として「セルフメディケーション税制」が始まります。いつもドラッグストアで購入しているお薬の費用が対象になるこの制度。自分や家族と活用できれば、税金の負担を減らすことができるかもしれません。

セルフメディケーション税制とは?

従来の「医療費控除」は、1年間に自己負担した医療費が一定額を超えた場合、申告をすることで税金が戻ってくる制度。年間200万円以上の所得者で医療費が合計10万円を超えた人や年間200万円未満の所得者で所得金額の5%を超えた人が対象で、どちらの場合も家族全員分の医療費合計として申告することができます。この場合の医療費とは、医師による診療費や治療費、出産費用、介護費用、入院費用等のことです。

それが今回、医療費控除の特例として追加された「セルフメディケーション税制」によって、これまで対象外だった人たちにも税控除の可能性が出てきます。

具体的には、医療用から市販薬となった「スイッチOTC医薬品」のなかで、特定の成分を含んだ医薬品の年間購入額が“1万2千円”を超えた場合に適用されます。その超えた金額分(上限8万8千円まで)が、総所得金額などから控除されるのです。

対象となる医薬品は、アレルギー薬や水虫薬の一部も含まれているため、市販の薬で治療を続けている方にとっても利用しやすい制度となるでしょう。また、自分の購入費用だけではなく、生計を一にする家族や親族の合算で申告することができます。

詳しくはこちらから>>

申告するために必要なこと

セルフメディケーション税制で節税をするには、確定申告が必要です。国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」などを利用すれば、自宅のパソコンでも申告書を作ることができます。

そして、セルフメディケーション税制の申告対象者は、以下の3つ全てに該当する方となります。

●所得税、住民税を納めている。
●1年間(1月〜12月)健康の維持増進や病気予防のために取り組みを行っている。(特定の健康診断、予防接種、定期健康診断、がん検診などを受けている)
●1年間(1月〜12月)で、対象となるOTC医薬品の購入が1万2000円を超えている。

対象者であれば申告できますが、注意しておきたいのは従来の医療費控除制度との併用ができないということ。つまり医療に関わる年間の出費を整理して、従来の「医療費控除制度」または新しい「セルフメディケーション税制」のどちらか一つを選ばなくてはなりません。

メリットは、それぞれのケースによって違います。まずは、医療費控除で申請する場合の「医療費−10万円」と、セルフメディケーション税制で申請する場合の「対象のOTC医薬品の購入額−1.2万円」の金額を計算します。どちらを選んでも変わらない場合もありますが、なるべく控除額の大きい方を選んで申告しましょう。

風邪薬や湿布など様々な対象品目をチェック!

対象となる特定の成分を含んだOTC医薬品は、平成28年10月17日時点で1525品目。具体的な成分や商品名は、厚生労働省のホームページで確認することができます。

では、どんなお薬が対象となるのでしょうか。飲み薬や塗り薬、貼り薬など、薬効の種類も幅広いです。例えば、「パブロンS錠」や「ルルアタックEX」などの風邪薬、「ガスター10」や「新セルベール整胃」等の胃腸薬、「ロキソニンS」や「イブA錠」などの鎮痛薬、「サロンパスEX」や「フェイタス5.0」等の肩こり・腰痛の貼付薬など。よく知られている商品も多く入っているため、普段から常用している薬が見つかるかもしれません。ただし、類似の医薬品すべてが対象となるわけではないので気をつけましょう。

対象となるOTC医薬品の商品パッケージには、印刷やシール貼付で識別マークが表示されています。これにより、OTC医薬品として選んで買うことができるのです。

また、申告の際には、購入金額がわかるレシート(領収書)の提出が必須です。ココカラファインの店舗では、レシートの対象商品名の左側に「★」マーク、レシート下部に「★印はセルフメディケーション税制対象商品」と印字され、どれが対象商品であるかが確認できるようになっています(下写真参照)。

レシート

また「ココカラクラブ」が提供するネットショップ「ココカラファイン.ネット」で購入した場合も、下部に「★印はセルフメディケーション税制対象商品です。」と印字されます(下写真参照)。

納品書

ドラッグストアで市販薬を購入した際は、レシートや領収書を大切に保管しておきましょう。

おわりに

セルフメディケーションとは、自分自身で健康を管理し、軽度な不調であれば市販薬などを使って自己治療をするということ。こういったセルフケアに取り組んでいる人たちのための「セルフメディケーション税制」。確定申告の前に、自分や家族の健康に関わる医療費を見直してみませんか?

セルフメディケーション税制 対象商品一覧へ

こんな記事もチェックしています

ページトップへ