お役立ち情報

下戸の飲み会対策。お酒が苦手な人の飲み方

下戸の飲み会対策。お酒が苦手な人の飲み方

はじめに

最近ではあまり使われなくなりましたが、お酒が得意ではない・飲めない人を「下戸(げこ)」といいます。下戸の人が飲み会を上手にやり過ごす方法をご紹介します。

お酒を飲める人と、飲めない人の違いとは?

みなさんの中には、お酒があまり得意ではないという方もいらっしゃるでしょう。実は、日本人の約半数は、遺伝的にお酒が強くないといわれています。

お酒に強いか弱いかは、アルコールの分解能力やアルコールの分解過程でできる有害物質アセトアルデヒドを処理する能力と関係があります。
アルコールの分解能力が低いと、楽しい気分になるなど酔っぱらった状態が長く続き、アセトアルデヒドの処理が遅ければ、頭痛や吐き気を起こす悪酔いの状態になりやすいといわれています。

それでは、アルコールが体内でどのように処理されるのかを詳しくみてみましょう。
アルコールは小腸もしくは胃で吸収され、そのほとんどが主に肝臓にあるアルコール脱水素酵素(ADH)によって分解されます。アルコールが分解されると、悪酔いの原因となるアセトアルデヒドが発生。この大部分を処理するのが、2型アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)です。

日本人の約半数は、遺伝的にALDH2の働きが弱かったり、全く働かなかったりするので、アルコールを摂取することによって、顔が赤くなったり動悸や頭痛がしたりといったフラッシング反応を起こします。飲み会の翌日二日酔いになりやすかったり、下戸と呼ばれたりするのはこのタイプです。
白人や黒人、日本人の残りの半数はALDH2が普通に働くので、フラッシング反応は起こらないといわれています。

お酒に弱い人が酔わない方法

宴会シーズン真っ只中の今、「お酒に弱いけど、楽しく飲みたい!」というみなさんのために、酔いにくい方法をご紹介します!

空腹の状態で飲まない

アルコールは胃で2割、小腸で8割吸収されるといわれていて、吸収速度は小腸からの方が速くなります。胃の中に食べ物があれば、アルコールは胃に留まった後ゆっくりと小腸に流れていきますが、空腹だと胃に留まらず、すぐに小腸に達してしまいます。

一般的に、血中のアルコール濃度は飲み始めてから30分から1時間でピークになるといわれていますが、空腹時はその半分の時間でピークに到達するそうです。

酔い防止に効果的な食べ物とは

飲み会で定番の食べ物にも、酔い防止に効くメニューがあります。
えだまめや焼き鳥、チーズなどはたんぱく質が豊富で、肝臓の機能を強化してアルコールの分解を助けてくれます。特にえだまめはビタミンCを多く含むので、アセトアルデヒドの代謝も促進して悪酔いを防いでくれます。いかやたこに含まれるタウリンにもアセトアルデヒドの代謝に働きかける作用があるので、メニューにあれば積極的に注文するとよいでしょう。

また、トマトはアルコールと一緒に摂取すると、酔いを抑えてくれます。最近では、アルコールと一緒にトマトジュースを飲むとアルコールの代謝が促進されるという研究結果も発表されています。
ウコン入りのお茶やドリンクもおすすめ。有効成分のクルクミンが肝臓の働きを高めてくれます。飲み会前・後のどちらでも効き目は期待できますが、お酒に弱い人はお酒を飲む約1時間前に摂取するとよいようです。

二日酔いになりにくいお酒とは

二日酔いの原因の一つとして、お酒に含まれる不純物が挙げられます。
焼酎やウォッカ、ジン、ラム、泡盛などの蒸留酒は、原液を沸騰させ不純物を取り除いているため二日酔いになりにくいそうです。
「安いお酒は悪酔いする」と聞いたことがある方もいるかもしれませんが、これはあながち間違っているとは言い切れません。値段が高いお酒ほど、不純物を取り除く作業が行われていることが多いためです。

一方、日本酒やビール、ワインのような醸造酒は、お酒に弱い人は注意しましょう。蒸留酒に比べて不純物が多く、二日酔いになりやすいためです。

体調管理を忘れずに

飲み会前には睡眠をしっかり取り、体調を整えておくようにしましょう。体調が悪いときは、肝臓の機能が低下していることがあり、アルコールの代謝が進みにくくなります。

年末年始の飲みすぎ食べ過ぎに…合わせて読んでおきたいオススメの記事はこちら>>

下戸の人が楽しく飲む方法

お酒を飲まなくても飲み会の場を盛り上げることはできます。まずは楽しい会話を心掛けてはいかがでしょうか?
人は褒められるとうれしいもの。せっかくなら、みんなが集まっている場で友人や同僚、上司が活躍した話を取り上げてみましょう。「○○さんのおかげでこの前すごく助かったんですよ」などの話題を振ってみると、雰囲気のよい飲み会になりそうですね。

また、盛り上げるといっても面白いことを連発するというのではなく、みんなが関心を持つような話題を持ち出すだけで大丈夫。例えば、普段クールに見られている人が意外に涙もろかったり、大人しそうな人が実はいたずら好きだったりと、あなたの知っている意外な一面を紹介すれば、みんなの距離が一歩縮まりそうですね。

お酒は飲んでいないけれど「場の雰囲気に溶け込みたい!」という方は、お酒を飲んでいるように見せるのも一つの手です。例えば、立食形式のような自分で飲み物をつぐことができる飲み会では、ウイスキーグラスにウーロン茶を入れたり、水で思いっきり薄めた焼酎などを少しずつ飲んだりするとよいでしょう。

着席形式の飲み会の場合、乾杯のときだけ周りにあわせてビールを頼んで、盛り上がってきたら途中で目立たないようこっそりノンアルコールビールに替えるのもいいですね。

おわりに

お酒に強い人と弱い人の違いは、アルコールとアセトアルデヒドの分解能力によるもの。人はお酒が入ってしまえば、誰もが陽気になってしまうものです。下戸の人でも宴会の場を楽しんでくださいね。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ