ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

目が疲れるメカニズムと、疲労回復する方法

目が疲れるメカニズムと、疲労回復する方法

はじめに

現代病の一つに数えられる「疲れ目」。日々使用しているスマートフォンやパソコンとの因果関係と、疲れ目を軽減する方法をご紹介します。

スマホ、パソコンによる疲労が急増

現代はIT社会といわれており、「スマホやパソコンは必需品!」と感じている方も多いのではないでしょうか?ただ、こういった機器は便利な一方で、目を酷使し疲れさせてしまっている可能性があるので注意が必要です。

特にスマホは、電車に乗っているときやちょっとした待ち時間などに眺めることができるため、そういった時間が積み重なって結果的に目を使いすぎてしまいます。
スマホはパソコンよりも画面や文字が小さいことなどから、余計に目に負担をかけてしまいます。日々のパソコンの使用に加え、スマホは手放せないというあなたの目はオーバーワーク状態かもしれません。

男性と比べると、デスクワーク業務を行っている割合が高い働く女性においては、約9割が日常的に目の疲れを感じているという調査結果もあります。
疲れ目は、肩こりや腰痛などを引き起こします。スマホなどを眺めるために長時間下を向いた状態が続くと、疲れ目で血流が滞って目元にくまができ、おまけに重力によってあごの皮膚がたるんで二重あごになる「ブルドッグ顔になっていた」なんて事になったら大変です。
ブルドッグ顔になると実際の年齢よりも老けて見えるようになるので、女性のみなさんにとっては深刻な問題といえるでしょう。

目で物を見るときの仕組みは、カメラとよく似ています。目の表面の「角膜」とピントを合わせる「水晶体」はレンズ、目に入る光の量を調節する「虹彩」は絞り、像が写る「網膜」はフィルムに例えることができます。 網膜に写った像は、視神経を通じて脳に伝わることで認識されます。

疲れ目はどうして起きるのか?

疲れ目はどのようにして起こるのでしょうか?
長時間に及ぶパソコン作業では、じっと画面を見つめることでまばたきの回数が減り、その結果、目が疲れる、ショボショボする、乾くなどの疲れ目の症状が出やすくなります。
パソコンよりも近い位置で眺めることが多いスマホは特に注意。目は遠くを見るときは比較的休んだ状態にありますが、近くを見るときはピントを合わせるために筋肉が働き、その分、目の負担が大きくなります。

この他、ストレスや疲労で自律神経のバランスが崩れると、目の筋肉が緊張して血流が悪くなり、疲れ目になることがあります。また、目の表面が乾く「ドライアイ」などの患者さんは目が疲れやすいといわれています。

疲れ目の症状は、目の違和感だけにとどまらず、体の他の部位に不調を起こすこともあります。その原因は目と脳の関係にあるようです。
私たちは五感を駆使してあらゆる情報を脳に取り入れ、暮らしています。そしてなんと、脳に伝えられる情報の80%以上は視覚によるものだそうです。

先程、目で物を見る仕組みを紹介した際、目と脳がつながっていることをお伝えしましたが、目を使うということはそれだけ同時に脳も使っている状態といえるでしょう。そのため、目の疲れが続くと脳も疲れて心身の疲労が増え、肩こり、頭痛、イライラなどの症状が現れることがあります。

医学的に目の疲れは、「眼疲労」と「眼精疲労」の2種類に分類することができます。 「眼疲労」は一時的な目の疲れで、睡眠や目を休めることで回復します。 一方、目を休めても疲れが軽減されない場合や、眼の痛みやかすみ、肩こりや頭痛といった目以外の部位で不調が出れば、「眼精疲労」と考えられます。

目の疲れを取って、すっきり・爽快に

疲れ目を予防するための方法をご紹介します。簡単な方法ばかりですので、ぜひ試してみてくださいね。

ツボマッサージ

目の周りには、疲れ目の改善に効果的なツボがたくさん集まっています。これらを刺激するために、目の周りの骨の部分をゆっくり指の腹で押してみましょう。
気持ち良いと感じるところを重点的に少し強めに押すのがコツ。皮膚をこすらず、眼球を押さえつけないよう注意しましょう。

耳の周りのツボもおすすめです。こめかみに中指と薬指を当てて、ゆっくりと優しく円を描くようにマッサージします。

目を温める

目や目の周辺を温めることによって、筋肉の緊張がほぐれて血流が良くなるので、疲れ目やそれに伴う肩こり、頭痛といった症状の改善が期待できます。十分な効果を得るためには、10分程度温めるのがいいとされています。

水に濡らしたタオルを電子レンジで1分程度温めて作る蒸しタオルを利用してもいいですが、タオル1本では数分で冷めてしまい、いくつも作り直す必要があるため、薬局などで販売されているホットアイマスクを利用するのが手軽かもしれませんね。

目が充血しているなど炎症を起こしている場合は、冷やす方が効果的。しかし、症状によっては、温めたり冷やしたりすることによって症状が悪化してしまうケースがあるので、急激に視力が低下したり、眼に痛みを感じるようであれば、眼科医に相談しましょう。

適度な休憩と正しい姿勢

パソコン作業などをするときは、こまめに休憩を取るようにすると目が疲れにくくなります。1時間ごとに10~15分、目を休ませる時間をつくるようにしましょう。

パソコンを使用する際は猫背にならないようにし、画面と目の距離は約40~50cm離すようにします。スマホは手に持って操作するため、どうしても画面と目の距離が近くなってしまいます。意識して遠ざけるようにしましょう。
椅子に座る場合は、深めに腰掛け背筋を伸ばします。目線の下にパソコンやスマホ画面中央がくる位置に置くと目が乾きにくく、疲れにくいといわれています。

栄養成分の摂取

豚肉や大豆、昆布などに含まれているビタミンB1は、ピント調節に忙しい目の筋肉の疲れを癒してくれます。また、ビタミンAが不足すると、暗い場所で物を見る機能が低下します。鶏レバーやうなぎなどを積極的に食べるようにしましょう。

疲れ目の改善に効果的な栄養成分を含む目薬をこまめにさすのも一つの方法です。ビタミンB12やネオスチグミンメチル硫酸塩は、ピントの調節機能を回復します。タウリンやパンテノールは目の代謝を上げる効果が期待できます。

おわりに

現代人の目は想像以上に疲れています。目の疲れに目薬やビタミンを含む食べ物は効果的。日頃の疲れた目をぜひケアしてあげてください。

ホットアイマスク>>

こんな記事もチェックしています

ページトップへ