ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

もう後悔しない!飲み会直前や日頃からできる二日酔い対策とカロリーコントロール方法とは?

もう後悔しない!飲み会直前や日頃からできる二日酔い対策とカロリーコントロール方法とは?

はじめに

年末が近づくとやってくる飲み会ラッシュ。12月は仕事関係の忘年会が続くため、プライベートの忘年会は11月にという方もいるようです。
楽しさのあまり飲みすぎて二日酔いになったり、普段はカロリーに気を配っているのに、ついつい食べ過ぎてしまったり…。そこで、翌日後悔しないための飲み会対策についてご紹介します。

<アルコール対策編> 楽しいお酒は準備が肝心

お酒はできる限り楽しく飲みたいもの。飲み会の前や最中に少し工夫をすることで、二日酔いや悪酔い、飲み過ぎを防ぐことができます。

飲み会前は空腹を避ける

空腹でお酒を飲んでしまうと他に吸収する栄養がないことから、空腹でないときよりも早く多くのアルコールを吸収してしまいます。アルコールの急激な摂取は二日酔いを引き起こすといわれています。

そこで、飲み会が始まる前に、消化に時間のかかるタンパク質を含む食品を食べておくことがおすすめです。アルコールの吸収が緩やかになるため、酔いが早く回るのを防ぐことができます。ヨーグルトやチーズなどの乳製品が良いでしょう。
また、アルコールは刺激が強いため、空腹で摂取すると胃の粘膜を痛めてしまいます。胃の粘膜を保護する成分であるムチンを含む、オクラやなめこといったネバネバした食材を食べておきましょう 。

二日酔い予防には牛乳が良いという話を聞いた事がある方がいるかもしれませんが、実は脂肪分の多い食べ物の方がより効果的です。
脂肪のほとんどは、胃ではなく胃の次の消化管である十二指腸で消化、吸収が進みます。そのため、飲み会前に脂肪分を含むものを食べておくと、胃の中の消化されていない脂肪によってアルコールが吸収されにくくなるのです。
ドレッシングをかけたサラダを食べておくと、ドレッシングに含まれている脂肪がアルコールの吸収を遅らせてくれます。脂肪分が多く含まれるナッツや、アルコールの代謝を促す効果のあるゴマのドレッシングがおすすめです。

水分補給を忘れずに!

アルコールが脱水症状を引き起こすことを知っていますか?
アルコールには利尿作用があるため、体から水分が排出されることで、脱水状態になる恐れがあります。頭痛や吐き気などの二日酔いの症状の原因となるので、お酒を飲む前や飲み会の最中、飲み会後には水分補給をしっかり行うことが大切です。

また、飲み会の最中にはアルコールだけを続けて飲むのではなく、適度に水分も取るようにすると、飲みすぎを防ぐことができます。
ただし、カフェインには利尿作用があるので、コーヒーや緑茶ではなく、水やフレッシュジュースなどカフェインを含まない飲み物を飲むようにしましょう。トマトジュースもおすすめです。
アルコールは肝臓がブドウ糖を作り出す作用を抑える働きがあるため、飲酒後に低血糖になる恐れがありますが、甘いジュースであれば水分補給に加えて低血糖予防にもなります。

飲み会メニューにはぜひ大根を

生の大根には、アルコールの分解を促進するスルフォラファンという成分が含まれています。料理のメニューが決まっていない飲み会なら、大根サラダやしらすおろしなど大根を使ったメニューを注文すると良いでしょう。

料理のメニューが決まっている飲み会の場合は、出てくるメニューの中から、緑黄色野菜や大豆製品を選んで積極的に摂ると、ビタミンCやタンパク質がアルコールの分解を助けてくれます。

もっと手軽に…という方には、こちらの記事もオススメ
◆飲む前の対策>> ◆飲んだ後の対策>>

<カロリー対策編> 我慢して食べないのではなく、考えて食べる

アルコールには満腹中枢を麻痺させる作用があり、飲み会で食べ過ぎてしまう要因になるといわれています。人は血糖値が高くなることで満腹中枢が刺激され、満腹感を得ますが、お酒を飲むと、糖質を分解して血糖値を上げる役割を持つ肝臓がアルコールの処理に忙しくなり、血糖値を上げにくくなります。

では、楽しい会話とその場の雰囲気に流されてうっかり食べ過ぎてしまわないために、飲み会の前や最中にできるカロリーコントロール方法にはどんなものがあるのでしょうか?
「我慢が一番!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、せっかくの楽しい飲み会の席、食べたいものを我慢することによってストレスがたまるだけではなく、場の空気を悪くしてしまう恐れもあり、あまり良い解決策とはいえません。

そこで、飲み会での食べ過ぎによるカロリーオーバーが気になる方は、食べる物、順番、量に注意するように心掛けましょう。野菜など食物繊維の多いメニューから食べると、食べ過ぎ防止につながります。

その理由は血糖値と深く関係しています。食事によって血糖値が急激に上昇した時、血液はドロドロの状態になるので動脈硬化を促進します。そうならないよう、インシュリンは血液中の糖を除くように全身の細胞へ指令するのです。
 食べた炭水化物や糖を優先してエネルギーにし、体内に蓄積された体脂肪が燃えないどころか、消費されなかった分の炭水化物や糖までも体内の脂肪細胞に取り込んで蓄えようようと促します。
ところが、野菜のような消化・吸収されにくいものを先に食べれば、血糖値の急激な上昇を抑えることができるという仕組みです。

飲み会当日は定番の揚げ物メニューなどもあり、摂取カロリーが多くなることにも注意が必要です。当日の朝食、昼食の量を少し減らしてカロリーを普段よりも低くするというように、計画的に食べるのも一つの手。
また、飲み会の場では、よくかんで食べることで満腹感が増し、食べ過ぎを防ぐことができます。

飲み会に備えて普段から心がけるべき食材

飲み会が多い季節は、アルコール分解を行う肝臓に負担がかかるため、肝機能が低下しがちです。飲み会シーズンに備えて、肝臓の機能を高める食材をご紹介します。

主菜

肉、魚、卵、大豆などの良質なタンパク質を摂取するようにしましょう。これらの食品は、体内で合成することができない「必須アミノ酸」を含んでいます。必須アミノ酸の中には肝機能を高める作用を持つものが多いです。

副菜

ブロッコリー、かぼちゃ、ほうれん草など、ビタミン類が取れる野菜を使いましょう。
デザートには柿がおすすめ。ビタミンの他、アルコール分解酵素のデヒドロゲナーゼ、肝機能を高めるアミノ酸シスチンなどが含んでおり、飲酒する人にとって心強い食べ物です。

汁物

タウリンが含まれるあさりやしじみを使った味噌汁などはいかがですか?タウリンには、弱った肝臓の細胞を再生する働きがあります。

飲み会が続くからといって、食事を抜くのは逆効果です。我慢した反動で、飲み会で食べ過ぎてしまう可能性もあります。 飲み会のメニューは糖質や脂質が高いものが多いので、不足しがちな野菜を積極的に摂取するようにしましょう。

おわりに

忘年会は、友人と旧交を温めたり、普段は話す機会の少ない社内の人とも交流を深めたりできるいい機会です。楽しい時間を過ごした後、スッキリと翌日を迎えるために、お酒の飲み方や食事の取り方に少し気を配ってみましょう。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ