お役立ち情報

骨粗しょう症ってどんな病気?どうやって防ぐの?

骨粗しょう症ってどんな病気?どうやって防ぐの?

はじめに

骨がもろくなってしまう「骨粗しょう症」。中高年の女性に多くみられる病気と思われがちですが、男性や若い世代でも油断はできません。日本の骨粗しょう症患者は約1300万人ですが、300万人が男性といわれていますし、無理なダイエットにより骨密度が減少すると、将来、骨粗しょう症となる恐れがあります。
今回は骨粗しょう症の症状や予防方法をご紹介します。

骨粗しょう症とは

骨粗しょう症とは、骨の中がスカスカの状態になり、骨がもろくなる病気です。そのため、ほんの少しの衝撃でも骨折をしやすくなります。なかには、体の重みが加わるだけで骨が壊れてしまう「圧迫骨折」を起こす人もいます。
次のような症状がみられる場合は骨粗しょう症の可能性があるので、注意が必要です。

・身長が縮んだ気がする。
・背中や腰が曲がったような気がする。
・背中や腰が痛んで、動きがぎこちない。
・腰に痛みがあるが、レントゲン検査では椎間板や脊柱管に異常はみられない。
・息切れしやすい。
・おなかがすぐにいっぱいになる。

骨粗しょう症になる主な原因としては、加齢が挙げられます。年齢を重ねると、骨を作るのに必要なカルシウムの吸収が悪くなるためです。

また、女性の場合は閉経の影響も大きく受けます。女性ホルモンの一種「エストロゲン」は、古い骨が壊れ、新しい骨が作られる「骨の新陳代謝」に関係があります。
具体的には、エストロゲンは、古い骨からカルシウムが溶け出して壊れていくスピードを緩やかにする作用があります。しかし、閉経によってエストロゲンが減ることで、新しい骨が作られるスピードよりも、古い骨が壊される方が上回り、骨の形成が追い付かず、結果的に骨がもろくなってしまいます。
女性は50歳前後から骨密度が急速に低下するといわれています。

骨粗しょう症は、身長が縮んだり腰が曲がったりする症状が出た人でも、初期であればその約3分の2は痛みを伴わないといわれています。知らない間に骨折している可能性もある、自覚症状の乏しい病気です。

どうやって検査するの?

骨粗しょう症は、次のような方法で調べることができます。

骨密度測定

骨の強さを知る尺度となる骨密度を測る検査です。
X線により全身のほとんどの骨の骨密度を測定する方法や、かかとやすねに超音波を当てて測る方法などがあります。骨密度の数値は、若年成人の平均を100%とした場合、80%以上であれば正常、70~80%は骨の強度が衰えてきている状態、70%以下になると骨粗しょう症とされています。

骨密度測定は医療機関で調べることができるほか、ドラッグストアや調剤薬局でも測定イベントを実施していることがあります。関心のある人は一度試してみてはいかがでしょうか?

レントゲン検査

背骨のX線写真を撮影します。
骨折、骨の変形の有無の他、骨がスカスカになっている状態が確認されれば骨粗しょう症と診断されます。

身長測定

25歳のときの身長よりも、どれぐらい縮んでいるかが指標となります。
具体的な数値は明らかになっていないものの、25歳のときよりも4㎝以上低くなった人は、そこまで低くなっていない人に比べ、骨折する危険性が2倍以上高いという報告があります。

予防方法は

骨粗しょう症を予防するには、骨を強くする栄養素を含んだ食品や運動がおすすめです。

骨の形成を促す食品

・カルシウム
骨粗しょう症の予防に効果的な1日の摂取量は700~800㎎といわれています。
牛乳、乳製品、小魚、干しえび、こまつな、大豆製品などに多く含まれます。

・ビタミンD
カルシウムと一緒に摂取することで、腸管でのカルシウム吸収率がアップします。
さけ、うなぎ、さんま、めかじき、いさき、かれい、しいたけ、きくらげ、卵などに多く含まれています。

・ビタミンK
カルシウムが骨に沈着する際に必要なたんぱく質を活性化させる役割があります。脂溶性のため、油と一緒に摂取すればより吸収できます。熱にも比較的安定していることから、以下のような食材を油で炒めてもいいかもしれませんね。
ほうれんそう、こまつな、にら、モロヘイヤ、チンゲンサイ、キャベツなどに多く含まれます。

骨を丈夫にするための運動

適度な負荷をかけることで骨を形成する細胞が活発になり、骨が丈夫になります。ウォーキング、ジョギング、エアロビクスなどの運動に、無理のない範囲でチャレンジするのもいいかもしれません。

より手軽に家の中でできる運動もあります。例えば、家事も立派な運動です。頻繁に雑巾がけをするなど、工夫次第で手軽に取り入れられます。部屋がきれいになって病気も防げるなんて、一石二鳥ですね。
また、次のような運動もおすすめです。


<片脚立ち>
片脚で立つことで、両脚で立つ倍の負荷を与えることができます。
壁やテーブルなどにつかまって片足で立ち、バランスを取ります。バランスがうまく取れるのなら、手をはなして立ってみましょう。


<ふくらはぎとアキレス腱のストレッチ>
1. 壁に向かって立ちます。壁に両手をついて体を支えながら片脚を前に出します。前に出した方の脚の膝を曲げて徐々に体重をかけ、後方の脚のふくらはぎを伸ばしましょう。
2. 後方の脚の膝を曲げ、今度はアキレス腱を伸ばします。片脚30~40秒ずつを目安に、左右交互に行います。
※1、2ともに、後方の脚のかかとは床につけたまま行いましょう。

喫煙や過度の飲酒に注意

たばこは、カルシウムの吸収を妨げるほか、尿と一緒にカルシウムの排出を促す作用があります。骨の新陳代謝に関係するエストロゲンの分泌も妨げます。喫煙する人は、そうでない人と比べ、脊椎の圧迫骨折の頻度が高い、最大骨量が少ない、閉経後の骨量が低くなるスピードが速いといった症状が多くみられるようです。

また、過度の飲酒は、骨量の低下やカルシウムの排出を招き、骨折の増加につながります。
喫煙や過度の飲酒が習慣化している人は、控えるよう心がけましょう。

骨密度は50歳前後から低下するといわれていますが、40代の10人に1人が骨粗しょう症もしくはその予備群という調査結果もあり、早めの対策は大切です。骨密度は20代でピークに達するとされており、この間にカルシウムを積極的に取ったり運動したりすることで、ピーク量をできるだけ多くしておきましょう。ピーク時の骨密度が高い方が、年齢を重ねて低下した際、より高い骨密度を保つことができます。

おわりに

いかがでしたか?年齢を重ねると、ちょっとした骨折でも寝込んでしまい、それが原因で介護が必要な状態になることもあります。早めの検査や予防を心掛けたいですね。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ