ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

冬でも家の中は快適!?ダニをぬくぬく過ごさせない方法とは

冬でも家の中は快適!?ダニをぬくぬく過ごさせない方法とは

はじめに

高温多湿を好むダニですが、実は、気温が低くなってからも対策が必要だと知っていましたか?
ご家庭で暖房や加湿器を使用すると、ダニにとって快適な環境が生まれ、アレルギーの原因になることも。寒い季節に気をつけたい、家のダニを退治するポイントをご紹介します。

家にいるダニってどんなダニ?

室内にはどんなダニがいるのでしょう?代表的な種類は以下の通りです。

ヒョウダニ

屋内に生息するダニの70~90%を占めるといわれているダニ。年間を通して見られ、カーペットやベッド、枕などに多く生息しています。人のフケやあか、埃を栄養にして増殖します。

人を刺すことはありませんが、アレルギーの原因となることで知られています。大発生した場合、死骸や糞の残骸などを吸い込んだ際に気管支に炎症が生じ、ぜんそくやアトピー性皮膚炎といったアレルギー反応を起こすことがあります。
アレルギー性疾患の患者の80%以上はダニアレルゲンに対して陽性ともいわれています。

コナダニ

高温多湿を好み、特に梅雨の時期などに多くみられます。畳、パン粉などの食品、医薬品に繁殖します。人を刺すことはありませんが、食品などの衛生面に問題があるほか、コナダニを捕食し人を刺すツメダニが増えてしまいます。

ツメダニ

通常は屋内であまりみられませんが、餌となるヒョウダニやコナダニが大量に発生すると増殖。主な生息場所はカーペットや畳などです。
人を刺し、体液を吸います。刺されて1~2日後に赤み、腫れ、かゆみといった症状が出て、1週間ほど続く場合もあります。

冬でもダニが快適に過ごせる理由って?

ダニは室温20~30度、湿度60~80%で急激に繁殖するといわれています。
「それなら乾燥して寒い冬なら大丈夫では?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、室内では冬でも、ダニにとって居心地の良い環境が作り出されているのです。

暖房や加湿器にご用心

寒い冬には、暖房器具を使用されるご家庭が多いですが、これによって室温が上がれば人だけでなくダニも過ごしやすくなってしまいます。乾燥を避けようと、加湿器も合わせて利用すれば、繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

結露ができていませんか?

温かい湿った空気が急に冷やされることで、空気中の水蒸気が水滴になる現象が「結露」です。暖房で温められ、加湿器で湿度を含んだ室内の空気は、窓付近で急に冷やされます。このため、冬の窓は水滴がびっしりということも。

結露はカビの発生原因として知られており、カビはダニの好む餌となります。特に窓のカーテンなどは、格好の住み家となってしまいます。

こまめに換気をしよう!

ダニを退治する方法としては、換気と掃除が基本。換気で湿度は55%以下に保ち、ダニの餌となるフケやあか、埃、カビを除去するため普段からこまめに掃除しましょう。
冬場は特に、暖房器具や加湿器の使用方法に一工夫を加えてみてはいかがでしょうか?

暖房器具を使用する際の注意点

室温はできれば20度以下に抑えた方が、ダニの活動を低下させることができます。
ガスや石油を燃料とする暖房器具は水分が発生しやすいため、湿度の上昇やカビ発生の要因となる結露につながりやすく、あまりおすすめできません。もし使用する場合は、より換気するように気を付けましょう。換気の目安は1時間に5~10分以上とされています。

また、エアコンのフィルターを定期的に掃除していますか?
フィルターにダニの死骸やフンが吸着したままエアコンを使用すると、室内にこれらを含んだハウスダストをまき散らしてしまいます。

加湿器を使用する際の注意点

ダニは湿った空気を好みます。加湿器を使用する場合も、こまめに換気することが重要です。
置き場所は、ダニの住み家となるカーペットや畳から遠ざける方が増殖を防ぐことができます。観葉植物はダニの餌となるので、近くに置かないようにしましょう。

おわりに

ダニは大量に発生すると私たちの体に悪影響を及ぼします。ダニの繁殖は早いので、日常的にしっかりと対策するだけではなく、生息場所にあわせて定期的に駆除剤を使用することがおすすめです。寒い季節だからといって、油断しないようにしましょう。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ