ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

空間や気になるところを除菌!「クレベリン」の力って?

空間や気になるところを除菌!「クレベリン」の力って?

はじめに

目に見えないウイルスや気になる臭い。小さなお子さんがいるお母さんたちやペットを飼われている家庭など、気になっている方は多いのではないでしょうか?
今回は、お部屋の空間や電車のつり革などあらゆる場所の除菌や消臭に役立つ製品「クレベリン」をご紹介します。

ラッパのマークの「大幸薬品」が開発

クレベリンは、ラッパのマークで有名な大幸薬品が特許技術で開発した除菌・消臭製品で、ウイルス、菌、臭いを取り除く効果があります。主成分は二酸化塩素分子で、空間中のウイルスや菌を99%除去することが確認されています。また、たばこや生ごみなどの臭いを消す効果もあります。

ネーミングは「clever(賢く)」と「clean(きれいに)」から。除菌、消臭製品といえば、ドアノブやペットのキャリーケースなどを直接拭き取って使用するイメージを持たれる方がいるかもしれませんが、クレベリンには、置くだけで空間をきれいにするタイプや、ちょっとユニークな携帯用のペンタイプもあります。

大幸薬品の試験では、6畳相当の閉鎖された空間で二酸化塩素(0.01ppm)を用いたところ、 浮遊ウイルスの一種を180分間で99%除去することに成功。浮遊菌の一種についても120分間で99%取り除いたという結果が出ています。

二酸化塩素分子の働きとは

二酸化塩素分子はウイルス、菌、カビ、臭い成分に直接働きかけ、その構造を変化させることで、ウイルスや菌の機能を低下させる力があります。プールの水や水道水の消毒、小麦粉の漂泊など、身近なところで活用されています。

クレベリンは使用開始から数日間、成分の二酸化塩素が多く出ることがあります。特徴の一つである塩素のような臭いが気になる場合は、風通しのよい状態で使用するのがおすすめです。 また、酸化力によって金属を腐食させる可能性があるため、貴金属や精密機器などへの使用は控えましょう。

選べる3タイプ、どう使い分ける?

クレベリンは大きく分けて3つの種類があります。用途によって使い分けると便利です。

空間をきれいにするゲルタイプ

「クレベリン ゲル」は室内の除菌や消臭に適しています。
リビングや寝室に置くだけで浮遊するウイルスや菌、臭いを取り除きます。二酸化塩素は空気より重いので、本棚の上の方など、高い場所に置くとより効果的です。

持ち運びにはペンタイプ

電車のつり革、公の施設の手すりなどが気になる方は、胸ポケットに入るぐらいのサイズの「クレベリン パワーセイバー」はいかがでしょうか?

使い方は少し独特で、液剤とゲル剤が入ったスティックをポキッと折って上下に振ることで、二酸化塩素を発生させます。黄色に変化すれば、使用可能のサイン。2週間を目安に使いましょう。ネームホルダーなどに引っ掛けることができるペン型ケースに、スティックを収納して持ち歩くことができます。

気になる部分にスプレータイプ

トイレ周りやキッチン周辺には「クレベリン スプレー」が便利です。汚れた部分を取り除いてから、約20センチ離して表面が十分濡れる程度にスプレーします。しばらくその状態で置き、布などで拭き取りましょう。
消臭の場合はスプレーのみでOK。携帯用のミニサイズもあります。

クレベリンは、医薬品、医療機器ではありません。使用することで疾病を必ず予防できると保証されているわけではありません。また、設置場所や喚起状況など利用環境で成分の広がり方が異なるため、効果に差が出ることがあります。一部、除去できないウイルス、菌、臭いもあります。 「クレベリン ゲル」「クレベリン スプレー」を使用する際は、色物繊維や皮革製品などの近くでは使用しないでください。漂白作用により、色落ちする恐れがあります。

おわりに

ウイルスや細菌は目に見えないもの。だからこそ、身の回りはいつも清潔にして、感染予防をしておきたいですね。
クレベリンは全国のドラッグストアや量販店で購入することができます。気になった方はチェックしてみましょう。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ