ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

話題のスカルプケアでかゆみや抜け毛を解消!

話題のスカルプケアでかゆみや抜け毛を解消!

はじめに

多くの人が悩みを持つ頭のかゆみ。しつこいかゆみはイライラしますよね。また、髪はその人の印象を大きく左右します。髪のボリュームで気になるのが抜け毛。
このような頭の悩みを解消してくれるのが、最近よく耳にするスカルプケアです。スカルプケアのことを知って、健やかな頭皮と髪を手に入れましょう。

知っているようで知らない、最近話題のスカルプケアとは

スカルプ(scalp)とは頭皮のこと。頭皮のケアというと、頭皮をスッキリきれいにすると思いがちですが、実はこれ、半分正しく半分は間違いなのです。

頭皮の表面は、皮脂と汗が混ざり合ってできた皮脂膜のバリアで覆われています。皮脂膜には、頭皮を弱酸性に保って、細菌やカビが繁殖しにくい状態にしてくれる役割などがあります。つまり、スカルプケアの基本は「頭皮の皮脂を適切に保つこと」。だから、皮脂を落とし過ぎるのはよくありません。

従来のシャンプーは、髪を清潔に美しくすることが目的とされているため、洗浄力が強く、大切な皮脂まで落としてしまうことがあります。

最近注目されているスカルプシャンプーは、髪の美しさとともに頭皮の健康を考えて、皮脂を落とし過ぎないように作られているため、頭皮の環境を最適な状態にしてくれます。

かゆみや抜け毛はスカルプケアで解消される

頭皮がかゆい、抜け毛が気になるという人は、男性に限らず女性にも多いもの。その原因はストレスによる皮脂の過剰分泌や、雑菌・カビによるかゆみ、アルコールやタバコなどによる生活習慣が考えられますが、間違ったシャンプーの仕方もそのひとつです。

かゆみやフケを解消しようと、過度なシャンプーを繰り返すと、頭皮の皮脂膜がなくなり、皮膚が乾燥してしまいます。それが頭皮や毛根を傷つける原因となります。

また、頭皮は薄くて傷つきやすいため、爪を立てて激しく洗ったり、熱すぎるお湯で洗ったり、すすぎ残しがあっても頭皮を痛めてしまいます。

頭皮のバリアを保つよう、頭皮に優しいシャンプーを使い、正しい方法でシャンプーすることが、かゆみや抜け毛を防ぐ第一歩となります。

スカルプシャンプーの正しい使い方5カ条

スカルプシャンプーで正しくシャンプーすることで、健康な頭皮になりましょう。

1. 熱すぎるお湯に注意

熱すぎるシャワーはそれだけで刺激が強いので、できるだけぬるま湯で洗います。また、熱いお湯は皮脂を過剰に流してしまい、乾燥の原因にもなります。

2. 爪を立てない

頭皮は他の皮膚より薄くて傷つきやすいので、指の腹で優しくマッサージするように洗いましょう。ブラシを使っている人は、先端が太く丸くなっているものか、洗髪専用のブラシで、押さえつけすぎないように注意してください。

3. すすぎはしっかりと

シャンプーの香りはリラックス効果があるものもあり、香りを持続させるためにすすぎを軽くしている人もいると思います。しかし、すすぎが十分でないと、シャンプーの成分が頭皮に残って、かゆみや炎症の原因になります。すすぎはしっかりと行いましょう。

4. シャンプー後はしっかり乾かす

シャンプーをした後、髪を生乾きにしたままにしていませんか?髪が濡れたままだと、髪同士が擦れ合ってキューティクルが剥がれてしまうだけでなく、雑菌が増殖しやすくなります。

シャンプーの後は清潔なタオルで良く拭いた後、ドライヤーで頭皮と髪をしっかりと乾かしましょう。

5. シャンプーは朝より夜

午後10時から午前2時の間は、成長ホルモンが活発になる時間帯です。新陳代謝が盛んになり内側から生まれ変わるときに汚れがあると、新陳代謝が正常に行われませんので、この時間帯は頭皮をきれいにしておくことが大切。夜にきちんとシャンプーして眠ることが、頭皮の健康を維持する秘訣です。

おわりに

頭皮環境を整えるスカルプケアは、抜け毛の悩みを解消してくれます。
また、頭皮を健康にして、イヤなかゆみをなくしてくれます。いいことだらけのスカルプケア。今日からさっそく実践しましょう。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ