ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

衣替え、いつから始める?楽に行うポイントとは

衣替え、いつから始める?楽に行うポイントとは

はじめに

夏は薄手のTシャツ、冬はふかふかのニットセーターというように、季節に応じて衣類を変える衣替え。タンスやクローゼットをのぞいてみて「あの服どこに行ったっけ?」「なかなか時間のかかる大仕事。ちょっぴり面倒くさいな…」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。
でも、ちょっとしたコツで収納スペースの整理はずいぶんと楽になり、その後の衣替えもスムーズになります。今回は衣替えのコツをご紹介します。

知っておきたい衣替えと気温の関係

衣替えのタイミングはもちろん季節の変わり目ですが、月が変わったからといって急に涼しくなったり暖かくなったりするわけではないため、判断に迷うこともあるのではないでしょうか?そんな場合は、最高気温を目安にすると失敗が少なくなるようです。

・15℃以下  … 冬物に変える時期
・15~20℃ … 秋物のセーターや羽織物が必要となる時期
・20~22℃ … 長袖を半袖にチェンジする時期

日中は暑いのに朝晩は冷え込んだり、日中でも気温が低い日が続いたと思ったら、いきなり気温が高くなったりと、季節の変わり目は気温が不安定なもの。一度に衣服を入れ替えるのではなく、最高気温を目安に、徐々に移行するのが衣替えのコツです。
ストールやカーディガンを持っていれば、暑い時は薄着で過ごし、冷えてきた時に羽織ることができるので、大変便利です。

衣類整理は「捨てる」と「分ける」が鍵

スムーズに衣替えをするためには、衣類整理が重要です。必要ない服は思い切って捨て、残った服をシーズンごとに分類しましょう。とはいえ、収納スペースを見れば、いろいろな服があふれ返って「どこから手を付けたらいいの…!?」と戸惑う方もいらっしゃるかもしれません。そんな場合は、まず手持ちの衣類を全部出してみるのがおすすめです。全体像を見ることで、要・不要の判断が付きやすくなるそうです。

捨てることでより収納可能に

不要な服を捨てて全体の量を減らすことで、衣類を分類しやすくなり、収納できるスペースをさらに確保することができます。「でも、何を捨てればいいのか迷ってしまう」というときは、次の手順を試してみてはいかがでしょうか?

①過去数年間で「着た」「着なかった」に分類
→ 「着なかった」衣類を処分

②「着た」のうち、流行遅れやボロボロになった「着るのが難しそう」なものを分類 
→ 「着るのが難しそう」な衣類を処分

また、3秒ほど考えて、直感的に必要か不要かを判断する方法もあるようです。迷うぐらいなら着ない服と見なし、手早く捨てることで効率的に整理ができます。

季節に応じて5パターンに分類

必要な服だけ残ったら、季節ごとに分類しましょう。年間を通して着る服、3~5月ぐらいの春から夏にかけての服、6~8月ぐらいの夏真っ盛りの時期に着る服、9~11月の秋から冬にかけての服、12~2月の真冬に身に付ける服の5パターンに分けると便利です。

衣服を捨てることに抵抗を感じる方は、リサイクルショップへ持ち込んだり、フリーマーケットやインターネットオークションで販売したりしてもいいでしょう。開発途上国の方に寄付するという方法もありますよ。

収納は「見やすく」「取り出しやすく」がポイント

スムーズな衣替えのためには、見やすく、取り出しやすく収納することが大切。例えば、透明で浅い引き出しタイプの衣類ケースはクローゼットに置くと便利です。こうしたケースやタンスの引き出しでは、たたんだ衣類を縦に並べておけば、開けたときに見やすく、簡単に選ぶことができるようになります。中に何が入っているかを書くことができるラベルを活用すれば、より収納場所が分かりやすくなります。

また、防虫など衣類を傷めない対策も必要です。特に、ウールやアンゴラのように、害虫が好む衣類に防虫剤は欠かせません。薬は上から下に流れていくため、洋服の上に置くようにしましょう。また、湿気に弱いシルクやカシミアは、できれば上の方にしまうとよいそうです。

春夏物の衣類であっても、秋や冬にインナーとして着られる服もあります。このように年間を通して使うことができる服は、ハンガーにかけておくと取り出しやすくなります。

おわりに

いかがでしたか?まだ、本格的な片付けができていないという方は、ここでご紹介した整理術にチャレンジしてみませんか?その後の衣替えがずっと楽になるはずです。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ