ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

夏のダメージをしっかり撃退!秋からのスキンケア

夏のダメージをしっかり撃退!秋からのスキンケア

はじめに

夏に受けたダメージをどうやってケアしていくかで、秋以降の肌の状態が変わります。不安定になりがちな秋の肌は、攻めのケアではなく守りのケアがポイント。
秋でも油断できない紫外線対策、落とし過ぎない洗顔、肌のうるおいを取り戻すための保湿ケアについて見ていきましょう。

夏のダメージを蓄積させない!まずは紫外線対策を

「夏に受ける肌ダメージ」というと、真っ先に思い浮かぶのが「紫外線」でしょう。

地上に届く紫外線には2種類あります。
肌に与えるダメージが強く、日に当たった後、肌の炎症や色素沈着を引き起こす紫外線B波(UVB)は秋になると減少します。しかし、徐々に肌にダメージを蓄積させ、シワやたるみの要因になる紫外線A波(UVA)は、1年を通して降り注いでいるのです。

日差しや照り返しが強い夏には、日焼け止めや日傘などでしっかりと紫外線対策をしている人でも、秋になるとつい油断していませんか?
紫外線A波(UVA)は天候に関係なく降り注ぎ、窓ガラスも通過するので、曇りや雨の日、室内にいても注意が必要。夏に受けた肌ダメージを持ち越さないようにするため、秋からの肌も紫外線対策に力を入れたいですね。

行楽シーズンで長時間外出する機会が多くなる秋。日焼け止めは、紫外線A波(UVA)を意識して選ぶことがおすすめです。
紫外線B波(UVB)を防ぐ指標SPFではなく、PAの値をチェックしてください。PAは現在4段階に分けられています。普段の生活であれば値が一番低い「PA+」、レジャーに行くという時は「PA++」「PA+++」が良いでしょう。

洗顔は落とし過ぎに注意!

肌がベタつきがちな夏の肌は、サッパリと洗い上げたいもの。でも、秋からは、落とし過ぎない洗顔にチェンジしましょう。

メイクを落とす際は、洗浄力がおだやかで、肌に刺激が少ないといわれているミルクタイプをチョイス。ミルクタイプでは洗浄力が物足りないという人はクリームタイプを試してみてください。
落とし過ぎに気をつけるあまり、濃いメイクをしているのに洗浄力が弱いメイク落としを使うのは逆効果。メイクが肌に残っていると、新陳代謝が乱れ、肌の老化につながります。ベースメイクに合ったメイク落としを選びましょう。
肌が不安定な状態の時は、肌への負担を減らすために、ベースメイクを薄くするというのも一つの方法です。

疲れている時や時間がない時に重宝するのがシートタイプのメイク落とし。顔を拭くだけでメイクが落ちるため大変便利ですよね。でも、皮膚をこすってメイクを落とすこと、アルコール成分が含まれていることから、肌に刺激が強すぎる場合があります。肌が不安定な時は使用を控えましょう。

メイクを落とした後は、刺激の少ない洗顔料を泡立てネットなどでよく泡立てて、顔をこすらないように優しく洗顔します。
肌が敏感になっている時は、洗浄力は落ちるものの刺激が少ない、まったく泡立たないタイプの洗顔料もあります。

秋の保湿のポイントは?

夏は気温や湿度が高く皮脂の分泌が多いため、化粧水だけでスキンケアを終わらせていたという人もいるのではないでしょうか?

秋からの肌には「保湿」が重要です。皮脂の分泌が減っているのに、乳液やクリームなどで油分を補給しないままでいると、化粧水で補った水分が蒸発してしまいます。皮脂を取り去った洗顔後の肌は無防備なもの。すぐに化粧水で水分を補給し、油分で蓋をするようにしましょう。
保湿を続けることで肌の水分と油分のバランスが取れるようになると、肌のキメが整うだけではなく、肌のバリア機能が回復し、外部の刺激から肌を守ってくれるようになります。

肌がパサつき、うるおいが足りないという人は、天然の植物性クリーム「シアバター」を薄く塗ってみてください。シアバターには人間の皮脂と似た成分であるオレイン酸が含まれているため、肌なじみが良く保湿力が高いことが特徴です。抗酸化作用があるステアリン酸も含まれているので、アンチエイジング効果も期待できます。

また、ホホバオイルもおすすめです。人間の皮脂にはワックスエステルという成分が含まれているのですが、ホホバオイルの主成分はワックスエステルのため、肌が弱い人でもスキンケアに取り入れやすいアイテムです。

おわりに

秋の肌は、気づかないうちに蓄積された夏のダメージによって敏感な状態になっています。肌に優しく丁寧なスキンケアを心掛けて、冬の寒さに備えましょう。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ