ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

秋のニキビ、どう対策する? 秋の肌の特徴とケア3か条

秋のニキビ、どう対策する? 秋の肌の特徴とケア3か条

はじめに

「肌」にも季節による移り変わりがあります。その季節にあったケアをしなければ、ニキビが大量発生してしまうことも。
そこでここでは、不安定になりがちな秋の肌について見ていきましょう。

秋の肌はゆらぎ肌! 不安定な時期です

正式な医学用語ではありませんが、肌の状態を表す言葉に「ゆらぎ肌」というものがあります。「ゆらぎ肌」は敏感肌ほど過敏ではないものの、季節の変わり目やお手入れ不足などで不安定な状態になっている肌のことをいいます。

春先に起こることが最も多いのですが、秋にも見られます。季節の移り変わりの時期にちょうど一致する形で起きるものであり、普段は敏感肌ではないという人でも、刺激に弱い肌になってしまうのです。

ゆらぎ肌はなぜ起こる?

ゆらぎ肌の原因は、気温の変化によるものが大きいといわれています。寒暖差によって肌のターンオーバー(新陳代謝)が乱れると、角質肥厚(かくしつひこう)という肌表面がごわつきやすい状態になります。角質層が厚くなることで、通常のお手入れでは潤いが補いきれないこともあります。

また、花粉もゆらぎ肌の原因の一つです。
「花粉」と聞くと、春に発症する花粉症の原因スギ花粉を思い浮かべてしまいがちですが、実は秋にもたくさんの花粉が舞っています。ブタクサやイネ科の花粉などにアレルギーを持つ人は、鼻水やくしゃみだけではなく、肌にかゆみを感じたり赤みがでたりします。

さらに、紫外線もゆらぎ肌の原因になります。夏に多いというイメージのある紫外線ですが、9月でもピーク時の5分の4程度の量が降り注いでいます。

加えて、心の状態もゆらぎ肌に影響を与えます。
夏休みが終わり、新学期が始まってしまったことにストレスを感じる人もいるでしょう。
9月に人事異動を行う企業も多く、新しい環境や業務に対してストレスを覚えることもあります。

このようなことがきっかけとなって肌の状態が不安定な「ゆらぎ肌」になると、普段であれば何ともないような外界からの刺激に対しても、過敏に反応するようになってしまいます。
そのため、ニキビなどの肌トラブルが起きやすくなるのです。

ゆらぎ肌のニキビ対策3か条

では、このような「ゆらぎ肌」によるニキビには、どのような対策を取ればよいのでしょうか。

1. 洗いすぎ厳禁!

ニキビができると、肌を清潔にしようとして、ついつい顔を洗いすぎてしまうという人が多いのではないでしょうか。
しかし、ゆらぎ肌にできるニキビは、皮脂の過剰な分泌ではなく肌が過敏な状態になっていることが原因。洗顔のしすぎで皮脂を取り過ぎてしまうと、ただでさえ不安定な状態の肌が、さらに悪化してしまう恐れがあります。

かといって、肌表面の不要なものはしっかりと落とさないと、酸化した皮脂などが肌への刺激になったり、化粧品の成分が肌に浸透しなかったりします。肌に優しいタイプの洗顔料を使って、肌をこすらず、ぬるま湯で洗顔するようにしましょう。

2. 保湿はしっかりと!

10代の頃のニキビとは違って、ゆらぎ肌にできるニキビの場合は、肌の調子を整えて健やかに保つ保湿が非常に重要です。
保湿効果の高い基礎化粧品をチョイスして、しっかりと肌に潤いを与えましょう。

また、夏に日焼けをしてしまった肌をケアするため、秋は美白効果の高い化粧品を使うという人もいるでしょう。しかし、美白効果のある成分には、肌への刺激が強いものもあります。まずは肌をいたわることを優先したいですね。

質の高い睡眠で肌の回復力アップ!

寝不足の時、肌の調子が良くないと感じたことはありませんか?
肌の内部で傷ついた細胞の修復やターンオーバーが行われるのは、人間が眠っている時。また、質の高い睡眠で自律神経を整えると、新陳代謝がスムーズになり、肌の調子も良くなってきます。

入眠から3~4時間の間は、成長ホルモンが分泌されやすい「肌のゴールデンタイム」。そのため、寝付いてから3~4時間に質の高い睡眠(熟睡)することが大切です。22時に眠ることが理想ですが、それが難しいのであれば、24時くらいには就寝するよう心掛けましょう。

「仕事が忙しくて早く帰れない……」という人は、せめて睡眠の質をあげるようにします。帰りの電車の中でスマートフォンなどを使うことは控えましょう。スマートフォンやパソコンが放つブルーライトは、神経や脳を興奮状態にさせ、体内時計を乱し、寝つきが悪くなったり、睡眠が浅くなったりするためです。
また、寝室には遮光カーテンを使い、入浴する際は湯船につかるようにして、体をよく休めましょう。

おわりに

気温差や花粉、紫外線、ストレスなどが原因とされる「ゆらぎ肌」。夏に、汗や紫外線でダメージを受けた肌は、みなさんが思っているより疲れているのです。
秋になると肌が不安定になってニキビができる、という人は、攻めのスキンケアは一休みして、肌をいたわってあげましょう。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ