ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

場所をとりやすい靴......。収納方法3か条

場所をとりやすい靴......。収納方法3か条

はじめに

ついつい集めてしまう人も多い「靴」。
しかしこれはカサもあるため、場所をとってしまいます。
靴をきれいに片付けるためにはどうしたらよいのでしょうか?

靴の形状や大きさにあった3つの収納方法をご紹介します 。

「重ねて収納」で収納力アップ!

収納スペースの絶対量が足りないのであれば、まずはそれを解決することを考えなければなりません。
そのときに出てくるのが、靴を重ねて収納するという考え方です。

これは、ビジネスシューズやフラットシューズなど高さのない靴に最適な片付け方で、靴が傷ついたり汚れたりすることを防ぐために、S字型になった台を使うなどの工夫が必要です。「シューズラック」といった名称で、プラスチック製の台が100円ショップなどで販売されていますので、靴の形や重さに合わせて選ぶとよいでしょう。

重ねて収納することによって、これまで靴を1足置いていたスペースに靴が2足置けるようになります。それほどお金をかけずにできる収納アイデアですので、まずはこの方法を検討してみましょう。

「吊り下げ収納」で隙間空間を有効活用

「靴を片付ける棚がいっぱいになってしまってスペースがない!」という場合は、吊り下げて収納するという方法があります。

「シューズハンガー」という靴収納アイテムを利用しましょう。その名の通り、靴を吊り下げるハンガーです。ハンガーの先端を靴の中に差し込んだ後、洋服のハンガーと同じようにポールに吊り下げます。この収納方法はスニーカーやフラットシューズと相性がよく、靴棚に靴を置くスペースがない時、棚がないところにもたくさんの靴を収納できるアイデアです。

市販のシューズハンガーを購入するのではなく、針金でできた洋服のハンガーの両端を上に折り曲げて靴をひっかける部分を作るなどして、シューズハンガーを自作するといった工夫も可能です。また、ハンガーを吊り下げるポールがない場合は、突っ張り棒を活用するといいでしょう。

秋冬は大活躍するけれど春夏は収納場所に困るロングブーツも、吊り下げ収納がおすすめ。スカートやパンツ用のピンチがついたハンガーを利用してポールに吊り下げれば、筒部分の型崩れが防げます。

「見せる収納」で自分らしさを演出

今まで挙げてきた「重ねて収納」「吊り下げ収納」という2つの方法は、限りある収納スペースをどうやって有効活用するかという方法でした。
しかし、賃貸のアパートやマンションに住んでいる人、あるいは靴をたくさん持っている人の場合、どれだけ工夫しても作り付けの靴収納スペースがいっぱいになってしまう、ということもあるでしょう。
そういった場合は、「見せる収納」にすることで収納スペース問題を解決し、使い勝手もよくなります。

見せる収納には2つの方法があります。

まず1つ目は、おしゃれなボックスを利用するという方法。
靴を購入したときに入っていたボックスではなく、部屋のインテリアにマッチするようなボックスをそろえましょう。アンティーク調のシューズボックスや円形のシューズボックスなど、おしゃれなボックスがいろいろと販売されています。ボックスが統一されているだけで、部屋の中に置いてもスッキリとした印象に。中に入っている靴の写真をボックスに貼れば、履きたい靴をすぐに取り出すことができます。

もう1つの方法は、インテリアの一部として靴そのものをディスプレイするという方法です。
部屋の壁に、はしごを立て掛けたりパイプやモールディング(装飾材)を設置。段差部分に靴のヒールをひっかけます。ある程度ヒールのある靴の方が安定感があります。アパレルショップのように、オープンシェルフに靴を飾るのも素敵ですね。

はしごやモールディングの色や素材、ディスプレイする靴の種類などにこだわれば、まるでインテリア雑誌に出てくるような非常にハイセンスな部屋に作り上げることができます。

おわりに

すぐに玄関で散らかってしまう靴は、なんとかしてきれいに収納したいもの。
ここで紹介した3つの方法を参考に、お住まいやライフスタイルにあわせた収納方法を選んでみてはいかがでしょうか。
靴は、足元のおしゃれのキーアイテム。保管方法もしっかり考えていきましょう。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ