ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

「主婦湿疹」とは?改善方法を解説

「主婦湿疹」とは?改善方法を解説

はじめに

家事をしたいけれど、手がかゆくてたまらない…。そんな手のトラブルに悩まされていませんか?もしかしたらそれは、主婦湿疹(手湿疹)かもしれません。詳しい症状や改善方法をご紹介します。

かゆみや水ぶくれは主婦湿疹かも?

主婦湿疹は、その名の通り主婦をはじめ、調理師、美容師、理容師など、毎日頻繁に水仕事を行う人に見られる強い手荒れです。手の皮膚は通常、皮脂の分泌によってできる皮脂膜で保護されています。しかし、洗剤やせっけん、水やお湯に触れる機会が多い仕事や、紙を扱うことが多い仕事を行っていると、皮脂膜が失われます。このようなバリア機能が低下した皮膚に、さまざまな刺激が加わることで、症状が起こるとされています。

主婦湿疹として挙げられるのは、主に以下のような症状です。

・皮膚が赤くなりかゆみが出る
・小さなブツブツや水ぶくれ、ひび割れができる
・水ぶくれがつぶれてジクジクする
・皮がボロボロとむける
・水などがしみて痛い

放っておくと、かゆみが強くなって眠ることができなくなったり、患部から細菌が入って膿んでしまったりするなど、悪化する恐れがあります。

主婦湿疹は「乾燥型」と「湿潤型」の大きく2種類に分けることができます。皮膚がカサカサする乾燥型は、ひどくなるとひび割れが生じるほか、指紋の消失や皮膚が硬くなる症状が現れます。個人差はあるものの、利き手の親指、人さし指、中指など、よく使う指先から症状が出始め、手のひら全体にだんだんと広がっていくのが特徴です。一方、小さなブツブツや水ぶくれができる湿潤型は、指の腹や手のひらから発症するケースが多く、手の甲にも症状が出ることがあります。

手の皮膚がパクッと割れる症状といえば「ひび・あかぎれ」がありますが、これは主婦湿疹とは異なります。ひび、あかぎれは「乾燥」が原因で、指など手の一部がひび割れます。これに対し、主婦湿疹は「炎症」が原因で、手全体にひび割れや赤みなどが生じます。

どんな人がなりやすいの?

主婦湿疹の主な原因は水仕事です。炊事や洗濯など、洗剤やせっけんを使う家事に携わる時間が多い人は主婦湿疹になりやすいそうです。揚げ物などの料理が多い家庭では、食器洗いにかかる時間が長くなることや、洗浄力の強い洗剤を使用することもあるため、主婦湿疹になるリスクが高くなります。

一般的に敏感肌、アレルギー体質、アトピー体質の方は肌のバリア機能が低いため、主婦湿疹の発症率は高くなります。

水仕事以外では、シャンプーなどに注意しましょう。多量のシャンプーで頻繁に髪を洗っていると、症状が出やすいといわれています。

また、水仕事、手洗い、入浴など手が水に触れた後、ハンドクリームを塗っていますか?きちんと保湿しないと皮膚のバリア機能が低下して、炎症を起こしやすくなります。こまめな保湿を心掛けましょう。手を濡らした後、すぐにハンドクリームを塗ることも大切です。

「乾燥」「湿潤」それぞれに合った薬を

主婦湿疹の炎症は、適切な薬を塗れば一週間程度で改善が期待できます。乾燥型と湿潤型では治療法が異なるので、それぞれに合った薬を選びましょう。

乾燥型の治療法は保湿が基本。刺激が少ないものがよければワセリンを主な成分とする薬を、保湿効果が高いものであれば尿素やヘパリン類似物質などを多く含む薬がよいでしょう。ただし、傷がある場合に尿素を使用すると、ヒリヒリした刺激があるため避けた方がいいでしょう。

湿潤型や特に症状が強い部位に対しては、市販のステロイド外用剤がおすすめです。1日2回、朝と入浴後に塗ります。湿潤型の場合は、クリームよりも軟膏の方が保護効果が高いためおすすめです。

乾燥型と湿潤型の両方の症状がある場合、保湿剤を塗った後、炎症が見られる部分だけにステロイド外用剤を使用すると効果的です。ただし、2週間使用しても改善が見られない場合は、使用を中止して、医師、薬剤師または登録販売者に相談しましょう。

直接水に触れないようにするのも有効な改善方法の一つです。水仕事の際には、ゴム手袋を使用するといいでしょう。ゴム手袋を使用する場合、ゴムの刺激から守るために木綿の手袋をしてから使用すると皮膚の保護になります。

おわりに

主婦湿疹は放っておくと重症化してしまう恐れがあります。症状に合った治療を早めに行い、健康な手で快適な毎日を過ごしましょう。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ