ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

もしかしたらドライアイ?症状や対策を徹底解説

もしかしたらドライアイ?症状や対策を徹底解説

はじめに

最近なんだか目がゴロゴロして、疲れる…。もしかするとそれは、涙の異常で起こる「ドライアイ」かもしれません。ここでは、ドライアイのさまざまな症状や対策についてお話します。

ドライアイとは?

ドライアイとは、目を保護している涙の量が減ることなどで、目の表面に傷が生じる病気です。患者数は2,200万人に上るとされており、身近な病気となっているようです。

ドライアイは大きく分けて2種類あります。一つは涙の分泌量が減った状態。もう一つは、涙の質のバランスが崩れて、目の表面に適切に涙がたまらない状態です。これは、涙の脂質成分やタンパク質成分「ムチン」が少ないことや、角結膜上皮の問題が原因で、涙は分泌されているのに目がすぐに乾いてしまいます。

主な症状として、目の乾きを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、それだけではありません。目の不快感や疲れの他、物がかすんで見えるといった症状も現れることがあります。次のような状態が当てはまれば、ドライアイの疑いがあります。

・目が疲れる
・目がゴロゴロする
・目が乾いた感じがする
・目に不快感がある
・目がヒリヒリ痛い
・目が赤い
・起床時、目が開けにくい
・白っぽい目やにが出る
・なんとなく見にくい
・時々かすんで見える
・最近、少し視力が低下したように感じる

近年の研究で、ドライアイにより視力が低下することが分かってきました。加齢によるものだと思っていた方でも、ドライアイのケアを行うことで視力が回復するケースがあります。気になる方は眼科を訪れてみるといいかもしれません。

こんな人は気を付けて!

では、どんな人がドライアイになりやすいのでしょうか?気を付けたいのは、コンタクトレンズを装着している人です。コンタクトレンズが吸い取った涙がレンズの表面から蒸発してしまうため、目が乾きやすくなるといわれています。

オフィスワークの人も要注意。パソコンの画面を集中して眺めると、まばたきの回数が通常の4分の1に減り、目が乾燥してしまいます。まばたきは、涙の分泌を促す刺激となるだけではなく、目の表面に涙を均等に行き渡らせる働きも持っています。冷暖房完備の室内で1日の大半を過ごすのは快適かもしれませんが、意外と湿度が低くなっていることが多く、ドライアイのリスクが高くなります。

この他、夜更かしで目が疲れている人、出張や旅行により長い時間のフライトやホテルの滞在期間が長い人、涙の分泌量が少なくなる高齢の方も注意が必要です。

対策取るならパソコン、エアコン、コンタクト

ドライアイによる目の不快感はできるだけ避けたいものですよね。そこで、日ごろから取り組める対策をご紹介します。

パソコンを使用する際は、目線が下向きになるように画面を低めの位置にするようにしましょう。目を大きく見開かずに済むため、乾燥を抑えることができます。長時間眺める場合は、こまめに休憩を取り、意識的にまばたきをするよう心掛けましょう。

心地よいエアコンの風であっても、直接当たらないようにすることは大切です。部屋の加湿を適宜行って、目を乾燥から守りましょう。

コンタクトレンズを使用している人は、人工涙液を点眼すると乾燥を防ぐことができます。最近では、ドライアイ対策グッズとして、フレーム側面に水タンクが付いた「保湿用メガネ」が販売されています。

また、目が疲れたな…と感じたときは、蒸しタオルをまぶたの上に5分ほど載せるといいでしょう。ただし、充血を起こしているときや、ヒリヒリした感覚を伴う炎症などがあるときは、冷やした方が効果的な場合もあります。

保湿用メガネとは、目の周りの湿度を保つメガネ。フレーム側面の小さなタンクに入れた水が蒸発する仕組みです。度付きのものも販売されています。

おわりに

ドライアイは乾燥と疲れを防ぐことが有効な対策ですが、病気が原因で発症することもあります。対策を取っても症状が改善しない場合は、早めに病院を受診しましょう。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ