ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

長引く夏かぜに効く【漢方薬】とは?

長引く夏かぜに効く【漢方薬】とは?

はじめに

夏かぜをひいてしまうと、なかなか治りにくくて困りますよね。
そんな時、眠くならず副作用が少ない漢方は頼りになる存在。症状を緩和させるだけではなく、根本から改善してくれる点もおすすめポイントです。

夏かぜのさまざまなつらい症状に合わせて漢方薬を上手に選ぶために知っておきたいことをご紹介しましょう。

漢方でいう「夏かぜ」とはどんな状態?

中医学(漢方)の考えで夏かぜは、『汗をたくさんかいたことで「陰分(水分)」が出ていくと同時に「気」も漏れてしまい起こるもの』されています。この「気」が漏れてしまうというのは、体の抵抗力が弱っているという意味です。

また、夏は暑いので、冷たいものを飲んだり食べたりしますよね。「気」は胃腸から生まれると漢方では考えます。体が冷えると「気」のエネルギーが減っていき、やはり抵抗力が低下します。夏かぜはこの「気」が弱ったことで生じるというわけです。

漢方ではかぜを「寒いかぜ」「熱いかぜ」「湿ったかぜ」「乾燥したかぜ」と分けます。夏かぜは、胃腸につらい症状が出ることが多い「湿ったかぜ」とされる場合が多いです。しかし現代では、冷房が原因と考えられる「熱いかぜ」や、湿度が高い日本では少ないとされてきた「乾燥したかぜ」なるケースも出てきました。また、夏には起こりにくいはずの「寒いかぜ」も起こっています。

熱を伴う夏かぜに効く漢方

この項目では、夏かぜの症状を治してくれる漢方薬をご紹介します。今、悩まされている夏かぜの自覚症状をチェックしながら、探してみましょう。
まずは、熱をともなって長引く夏かぜに効く漢方です。

熱が下がらず体がだるいとき

・小柴胡湯(しょうさいことう)
漢方で用いられる薬の中で「和解剤」と呼ばれるものがあります。発症させないように、緩やかに治していく形で効果を発揮させるタイプのものです。小柴胡湯はその「和解剤」の1つで冬のかぜが長引くときに使われますが、夏かぜの症状にも効果的です。体力を損なわないように働きかけながら、夏かぜの症状を治していきます。

微熱・だるさ・食欲不振・吐き気

・柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
「寒いかぜ」が体の内側に入り熱に変化します。その内熱が引き起こす、こじれたかぜに適しています。かぜを引き、数日経っても寒気がする、微熱や寝汗がある、食欲不振や吐き気が起こっているかぜに対して、内熱を鎮め、外に熱を出すように働きかけます。

発熱・のどの痛み・イガイガ

・銀翹散(ぎんぎょうさん)
夏かぜでも熱を出すことがありますし、のどの痛みやイガイガした症状に悩まされることがありますよね。この漢方薬は消炎・抗菌・抗ウィルス作用があって、夏かぜの症状を起こす原因が炎症のときに効果的です。

冷房などで寒気が伴う夏かぜ

・葛根湯(かっこんとう)発汗がない時
冬のかぜに用いられることが多い漢方薬ですが、夏かぜでも冷房が原因で寒気が起こっているときには体を温めながら、治していきます。特に肩こりや首こりから発熱が起こったときには効果的です。

・桂枝湯(けいしとう)虚弱体質の人
虚弱体質の方が夏かぜをひいたとき、頭痛や発熱、寒気がある際に効果を発揮します。体を温めて発汗を促して熱を鎮め、痛みを除いてくれるので夏かぜでも寒気や痛みが起こっているときに効果的です。

不調が長引く夏かぜに効く漢方

熱はないけどずっと調子が悪い、食欲が戻らないなど、何かしら不調が続いているような夏かぜに効く漢方です。

食欲不振・吐き気・下痢・だるさ

・カッ香正気散(かっこうしょうきさん)
食欲不振や吐き気、下痢などで水分代謝が乱れやすい夏かぜの症状に悩まされているときに用います。また夏かぜの微熱で食欲が落ちているときも効果的。病気への抵抗力を高めてくれるので、体力低下で治りにくくなっている夏かぜ向きです。

咳・食欲不振・悪心

・参蘇飲(じんそいん)
胃腸の不調を改善するだけではなく、軽い咳やたんを止める効果もあります。夏かぜで起こりやすい胃腸と咳の症状に効果を発揮する漢方薬です。普段から胃腸が弱い方や虚弱体質の方にも効果的に働きかけます。

・麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)冷え性の人
冷房が原因で寒気や頭痛、だるさがあるときに用いる漢方薬です。体の中から冷えを取る効果があって、冷え性の方が夏かぜを引いたときに特におすすめ。寒気だけではなく、くしゃみや鼻水、咳、たんも抑え、かぜの諸症状にも効きます。

おわりに

漢方薬は夏かぜに効果的です。とはいえ、どれを選べばいいか迷うときは、専門の医師や薬剤師に相談しましょう。適切な漢方薬を飲むだけではなく、きちんと養生し、早く治すよう心がけることが大事です。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ