ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

虫歯予防になる生活習慣ポイント6つ

虫歯予防になる生活習慣ポイント6つ

はじめに

治療に時間とお金がかかるうえに、とても痛い「虫歯」。虫歯になると、食事も美味しくありませんよね。こんな困った「虫歯」にならないために、日ごろどんなことに注意すればよいのか?そのポイントをご紹介しましょう。

食生活で気を付けたいポイント

ポイント1.食べる回数を増やすと虫歯になりすい

虫歯は、歯磨きだけでなく「食べる回数」によってもなりやすさが変わります。
虫歯菌は、口に入っている食べ物を餌にして酸を出します。殺菌効果もある唾液は、この酸を流し、口のなかをいつも通りの中性へと導くのです。口の中が酸性から中性に戻るのにかかる時間は約1時間程度だといわれています。しかしあまりにも間食が多いと、口のなかが中性に戻る暇がなく、その結果として虫歯になりやすくなるのです。一度食事をしたら、2~3時間開けるのが理想的と言われており、頻繁に食事をすると口の中は常に酸性状態になりエナメル質はいつも脱灰されたままになり虫歯がどんどん進行してしまいます。

ポイント2.寝る前の食事は避ける

唾液は寝ているときにはあまり分泌されませんから、眠る前に食べ物を食べるのもやめましょう。

食べ物をよく噛むことで唾液の分泌が促進され、プラークの形成を防ぐことができます。「1口で30回噛むことが大事」と言われるのは、満腹感を出すためにも虫歯を予防するためにも非常に重要なのです。

歯磨きで気を付けたいポイント

虫歯予防のための行動、といえば歯磨きです。

ポイント3.歯磨きは食後すぐ、優しく行う

これまで歯磨きは食後30分してから行うのがよいといわれてきました。食後すぐだと口の中が酸性に変化していくため、エナメル質が傷つきやすい状態であり、歯ブラシが歯を傷つけてしまう可能性があるからという理由でした。

しかし最近では、酸化を放置しておくよりは、食後すぐに歯磨きをしたほうが虫歯予防にはいいとする意見が多くあります。その場合は、あまり力を入れてゴシゴシと磨くのではなく、弱めの力で小刻みに歯ブラシを動かし磨くのがポイントです。

ポイント4.外出先ではガムかブクブクうがいが有効

外出などで歯磨きが難しい場合は、食後にキシリトール100%のガムを噛むか、お口の中に停滞する食べカスを少なくするためにブクブクうがいをすることも虫歯予防に役立ちます。

ポイント5.デンタルケア用品を活用する

歯間ブラシやデンタルフロスといった、デンタルケア用品を使ってのケアも勧められています。また、虫歯の発生および進行を予防するフッ歯磨剤もおすすめです。

〇フッ素配合の歯磨剤の効果的な使用量
歯の生えはじめ~2歳・・・切った爪程度の少量 /500ppm(泡状歯磨剤ならば1,000ppm)
※仕上げ磨きに保護者が行う
3~5歳・・・5mm以下/500ppm(泡状またはMFP歯磨剤ならば1,000ppm)
6~14歳・・・1cm程度/1,000ppm
15歳以上・・・2cm程度/1,000ppm

出典:厚生労働省ホームページ
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/teeth/h-02-007.html

フッ素配合の歯磨剤の予防効果を十分に発揮させるために、上記の適正量を使用し、歯磨き後は10~15mlの水で1回うがいをしましょう。

ポイント6.歯ブラシは1カ月に1回交換する

また、歯ブラシは、1カ月に1回は買い替えるようにします。
どうしても歯磨きをする時間が足りないという人や、「歯ブラシを忘れてしまった」という場合は、ブクブクうがいをしましょう。

ブクブクうがいをするだけでも、口のなかに残った食べ物を洗い流すことができます。

虫歯を招くNGな習慣

アメをよく食べる

上でも話したように、「唾液」と「虫歯」には密接な関係があります。
だらだらと食事をとり続けていると、唾液は口のなかを中性に戻すことができにくくなってしまうのです。特にアメは口の中に残る時間が長いうえ、甘味が強い物なので要注意。

口呼吸

口呼吸をすると口の中が乾き、唾液の量が減ってしまいます。そのため口呼吸はできるだけ控え、鼻で呼吸することを意識しましょう。

おわりに

虫歯を予防するためには、唾液と虫歯の関係に着目したり、きちんと歯磨きをしたりすることが重要です。唾液がしっかりと働ける環境を作り、正しい歯磨きの方法を学んで日常生活に取り入れていってください。

「虫歯を作らない食生活」は「太らない食生活」ともイコールなので、ダイエットをしたい人は一石二鳥も狙えますよ!

こんな記事もチェックしています

ページトップへ