ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

30代でも油断できない「若年性更年期障害」とは

30代でも油断できない「若年性更年期障害」とは

はじめに

20~30代はまだ若く、通常の更年期といわれる40~50代には時間があるので、自分には関係ないと思っている人がほとんどでしょう。ところが、更年期障害に似た症状に悩まされるこの年代の女性が増えています。その若年期更年期障害についてお話しましょう。
自分の体や生理などだけではなく、精神面に異変を感じているのであれば、早めに治療を受けることが大切ですし、回復できるからです。

若年性更年期障害の症状

なんだか最近、妙にほてりやすい。イライラが続く。体のだるさが抜けない。何もしてもしていないのに汗が出る。よく眠れない。頭痛やめまいに悩まされている。肩こりや腰痛がつらい。疲れやすい。

このようなつらい状態があり、さらに生理が規則的ではない、ということはありませんか?1つか2つ思い当たる症状があっても、最近忙しかったからなどと、原因を自己診断しているかもしれませんね。しかし、このような症状の原因が体や心の一時的な疲れとは限らないので注意が必要です。

特に思い当たる理由もなく突然、先に挙げたような症状が起こっている場合は若年性更年期障害の可能性があります。

若年性更年期障害の原因と特徴

若年性更年期障害は多くの場合、無理なダイエットや過剰なストレス、睡眠不足、喫煙など自律神経の乱れにより、早いうちから徐々に卵巣機能が低下してしまったことが原因と考えられています。これにより女性ホルモンの分泌が乱れて、更年期障害によく似た症状が出てきてしまうのです。

卵巣からは、女性ホルモンの中でも特に重要なエストロゲンが分泌されますが、卵巣機能が低下すれば、エストロゲンの分泌にも異変が起こるのです。若年性更年期障害は、更年期ではない女性に起こるのです。

通常の更年期障害は、卵巣をはじめとした女性しか持っていない臓器が衰えることで起こり、いうなれば老化の段階です。しかし若年性更年期障害は、自律神経の異変による卵巣の働きの衰えで、きちんと対処すれば一時的なものです。

困ったことに若年性更年期障害は一時的なものとはいえ若い年齢で発症し、放置すれば早期閉経の危険もあります。つらい症状を耐えるのではなく、早めに専門医に相談し、検査を受けることをおすすめします。

若年性更年期障害の治療と対策

まずは産婦人科を受診し、ホルモンバランスが乱れていないか、もしくは早期閉経でないかを診断してもらいましょう。心因性の場合は心療内科や精神科を受診した方がよい場合もありますが、婦人科系の不調があるなら、まずは産婦人科がよいでしょう。産婦人科は敷居が高くて行きづらいなら、女性外来で相談してみるのも一つの方法です。

早期閉経に至る方はわずかですが、その場合、骨粗しょう症や動脈硬化が起きやすくなるため、HRT(ホルモン補充療法)、漢方、抗うつ剤などの向精神薬などで治療します。ホルモンバランスが乱れている場合の治療方法は、低用量ピルや漢方などです。

ホルモンバランスが乱れているならば、無理なダイエットをやめ、栄養バランスの取れた食事をすることが第一に挙げられます。次にストレスの緩和を行うこと。喫煙を控え、睡眠をきちんと取る習慣を身につけることも大事です。まずは規則正しい生活を心がけましょう。

若年性更年期障害が一時的なものなら……と放置するのが最も危険で、疑いがあるなら速やかに専門医にかかることをおすすめします。生理が止まったのにそのままにしておくなどすると、最悪の場合は不妊に至るケースも。

病院に行くことが恥ずかしいという方もいるかもしれません。しかし若年性更年期障害のような症状が月経困難症や子宮筋腫、子宮内膜症など婦人科系疾患のサインである場合も多いのです。深刻な事態になる危険を避けるためにもきちんと検査を受けましょう。

おわりに

今、あなたが悩まされている症状に心当たりがあり、もしかして……と感じているなら、早めに婦人科での検査をおすすめします。早期発見・早期治療で健康的な生活を送りましょう。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ