ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

虫歯になる原因&メカニズム

虫歯になる原因&メカニズム

はじめに

「甘いものを食べると虫歯になる」「歯を磨かないと虫歯になる」小さいころから当たり前のように言われている人も多いでしょう。しかし実際、虫歯は何が原因で、どのようにしてできるのでしょうか?
ここでは虫歯の原因やメカニズムを紹介します。

虫歯とはどんな状態?

このように恐ろしい虫歯ですが、そもそも虫歯になるメカニズムと原因はどういったものなのでしょうか。

虫歯になるメカニズム

私たちが飲食物で糖を摂取すると、歯に付いた歯垢(プラーク)の中にいるばい菌(ミュータンス菌)が酸を作り出します。口の中の酸の度合いが高まってくると、歯のミネラルやカルシウム、リンが溶け出し、虫歯の始まりである脱灰(だっかい)となるのです。

通常ならば食後、時間が経過すれば唾液が酸を中和したり洗い流したりするため、口の中は中性の状態に戻り、虫歯のできにくい環境へ変化します。これが再石灰化です。

このように歯は、脱灰や再石灰化を繰り返しています。
しかし飴やお菓子を口にする時間が長い場合や、甘い飲み物を常時飲むなどして糖分を多く摂りすぎると再石灰化できない状況が続き、虫歯はどんどん進行します。これが虫歯のメカニズムです。

虫歯の原因

上記に記したことから「歯磨きをしないこと(もしくはきちんと歯が磨けていないこと)」が虫歯の第一要因になることがわかるのではないでしょうか。

また、それ以外にも、下記のような理由があります。

・糖分の多い物をよく食べる
虫歯菌は食べ物のなかでも、特に糖分の多いものを好みます。そのため、糖分が多いものを食べていると虫歯になるリスクがあがります。

・そもそも歯がそれほど強くない
私たちの歯を覆っている「エナメル質」は歯を守るために役立つものです。しかし、歯を作る段階で、これがうまく作られないことがあります。そうすると、歯を守る防御層がきちんとできていないわけですから、当然虫歯菌の侵略を許してしまいやすくなります。

・乳幼児のころに親と一緒の食器を使うなどして、感染する虫歯菌が口のなかに多くいる
生まれたばかりの赤ちゃんの口には、虫歯菌はいません。しかし親が噛んで柔らかくしたものを食べたり、虫歯菌を持っている親が使っている食器を一緒に使わせたりすると、親が持っている虫歯菌が子どもにうつり、虫歯になりやすくなってしまいます。特に6歳くらいまでの乳幼児がいるご家庭では注意しましょう。

・殺菌作用のある唾液の働きが弱い。または量が少ない
唾液には、虫歯菌に対抗する力がありますが、これが少ないと虫歯菌の活動を許してしまいます。

・詰め物が古くなっており、そこから菌が入り込む
詰め物が劣化してその隙間から入り込んだ虫歯菌には、歯ブラシがうまく届きません。そのため、詰め物と歯の間で虫歯菌が活動を続けてしまいます。

「歯磨きをきちんとしているのにも関わらず、虫歯になってしまう」という人は、これらの原因を疑ってみてください。

おわりに

ひとたび虫歯ができてしまうと、治療は大変ですし、痛みも伴います。虫歯はここで説明したように、さまざまな原因によって起こります。原因をしっかりと理解して、正しい対策をしていきましょう。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ