ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

隠れ糖尿病をご存じですか?

隠れ糖尿病をご存じですか?

はじめに

「まさか糖尿病になるなんてありえない」そう思うかもしれませんね。でも食や生活習慣の変化で気が付かないうちになっていることもある病気が「糖尿病」です。
今回は、健康診断でも見つかりづらい「隠れ糖尿病」についてご紹介します。

健康診断でも見つかりづらい「隠れ糖尿病」

ごはんやパン、麺類といった炭水化物は体内で消化されるとブドウ糖に変わります。このブドウ糖が腸から吸収され血液の中に入ると、インスリンの働きにより血液中の糖を分解し、脳や筋肉に取り込まれ体を動かすエネルギーになります。

糖尿病は、このインスリンの分泌がやや少ない、インスリンの効果が弱くなっている状態。血液中のブドウ糖である血糖がきちんと本来行くべき場所に行きにくくなるというわけです。

健康診断では、糖尿病の検査として「空腹時血糖値」を測定し診断しますが、「食後血糖値」の検査はありません。「隠れ糖尿病」は、空腹時の血糖値が正常なのに「食後血糖値」が上昇するため、発見しにくいのです。

「食後眠くなりやすい」「のどが渇く」「トイレの回数が増えた」などの症状はありませんか?これらは糖尿病の症状として挙げられるものですが、あまり気にしない人が大半でしょう。

糖尿病は比較的症状が出にくい病気ですが、日ごろの食習慣や生活習慣を見直すことにより、予防できます。

主な原因は運動不足と食べ過ぎ

現代は食も豊かで食べたいものは、何でも手に入りますし、生活面でも便利で体を使う機会が減り運動不足になりがちです。

食の豊かさは食べ過ぎの状態を起こしやすく、生活の便利さは運動不足を引き起こすこともあります。この2点は糖尿病になる大きな原因です。さらに日本人は血糖を溜めやすい体質を持っていて、発症リスクが高いという弱点も持っています。

自分で食習慣や生活習慣を意識することで、糖尿病を予防することができます。現在、糖尿病は年々増加傾向にあり、自覚症状がなくても予防しておくに越したことはありません。豊かな食と生活の便利さはこうした危険もはらんでいます。

初期の段階の糖尿病や隠れ糖尿病は自覚症状が薄いので、あまり危機感を覚えないでしょう。でも放置していると本格的な糖尿病を発症してしまい、症状を抑えるための治療を継続していかなければなりません。服薬やインスリン注射などで血糖値をコントロールしなくてもいいように予防が重要ですね。

糖尿病の予防は運動と食事から

糖尿病を予防するためには、食習慣と生活習慣の見直しが効果的。ほんの少しの工夫で十分に改善可能です。

まず食習慣ですが、ゆっくり食べることを心がけましょう。時間をかけて、よく噛んで食べることで食べ過ぎの防止になります。食事メニューも野菜を多く摂れるメニューがおすすめです。
また、外食では丼ものはご飯の量も多く炭水化物を多く摂取しやすいので、おかずの多い定食がおすすめです。野菜のおかずが多いものを選ぶようにしましょう。

生活習慣の改善としては、運動を積極的に行いましょう。軽い筋トレやウォーキングなど、日常に簡単にプラスできます。帰宅の際に一駅歩いてみる、遠回りして買い物に行くなどもおすすめの方法です。慣れてきたら早歩きなどで運動の強度を上げることもおすすめです。

運動するぞ!と気張るのではなく、徐々に体を動かしたり歩いたりすることを習慣づけたいですね。日常的に体を動かすことで、糖尿病の予防効果が出てきます。

おわりに

現在、増加傾向にある糖尿病は、食習慣と生活習慣の改善で予防に期待ができます。他人事と考えず、自分にも可能性があると認識して、健康的なダイエットをする感覚で予防しましょう。最近は、調剤薬局でも検体測定室が設置されているので、そのような場を利用してご自分の食後血糖値を確認するのもおすすめです。また、薬局のほかドラッグストアでも気軽に尿糖をチェックできる「尿試験紙」を販売しています。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ