ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

更年期障害とは?症状と対策

更年期障害とは?症状と対策

はじめに

日本女性の平均では45歳から55歳のあたりに差し掛かる10年間が、閉経の前後となることから、女性の更年期とされています。この時期は女性の体では大きな変化が起こり、さまざまな症状が心身に出てくるのですが、ひどい場合は日常生活に支障をきたすことも。
これが更年期障害です。ここでは更年期障害の症状と対策をご紹介しましょう。

女性の更年期障害の原因

思春期から活発に分泌され、女性らしさを作り始めるものが女性ホルモンであるエストロゲンです。卵子が入っている袋である卵胞の成熟を促す、受精卵の着床を補助するため子宮内膜を厚くする、精子を子宮に入りやすくする頸管粘液の分泌を促すなどの働きがあります。ほかにも自律神経や脳の働きを整える、骨や血管収縮、基礎体温にも関わっています。

更年期に差し掛かると、脳の視床下部にある下垂体によって卵巣にエストロゲンを分泌するように命令しますが、卵巣によるエストロゲンの分泌は急激に減少してしまっています。すると視床下部は混乱をきたし、自律神経にも乱れが生じてしまいます。この自律神経の乱れが更年期障害の原因になるのです。

更年期障害の代表的な症状

日常生活に支障をきたすほどになる方もいれば、つらいけれど苦痛で生活できないほどではないという方もいるのが更年期障害です。代表的な症状は体の面と心の面があります。どちらかが特にひどい場合もありますが、多くの場合は両方で悩まされるのです。

体の症状では、顔のほてりや急な発汗といった「ホットフラッシュ」やめまい、動悸、息切れ、頭痛、肩こり、腰痛が挙げられます。また眠りが浅くなり、寝つきが悪くなるといった不眠の症状も。「やるきが起きない」「だるい」というような疲れやすさも更年期障害の症状になります。

心の症状では、不安感、憂鬱さ、イライラが起こり、自分でもなぜそうなるのかと悩んでしまう方が多いです。自律神経が乱れていれば、心の面でも不安定になってしまいます。また体の症状をさらにつらくさせる場合もあります。

これらの症状が出たからといって自分で更年期障害と判断せず、まずは病院で正しい診断をしてもらうことが大切です。中には、重篤な病気に発展する恐れのある病気の可能性も潜んでいます。

更年期障害の度合いは個人差が大きく、同じ症状が出ていてもつらさが異なります。症状が重い方、軽い方、ほとんど症状が現れない方など様々。また毎日同じ症状が続くわけではありません。症状がひどい日もあれば、軽く感じる日もあって、心身の状態に波があるのです。

更年期障害の対策4つ

対策1 生活リズムの見直し

個人差が大きい更年期障害ですが、対策で共通することは生活のリズムの見直しです。規則正しい生活は乱れている自律神経を整えてくれます。すると更年期障害の症状も軽減する効果を望めるのです。

対策2 睡眠をとる

睡眠が浅くなりやすい更年期ですが、更年期障害を悪化させないためには早寝早起きを心掛けるのも大切。睡眠時間をきちんと取り、毎日同じ時間の就寝や起床は、自律神経を整える効果があるからです。

対策3 ストレスをためない

さらにストレスを抱え込まないように、上手なストレス解消方法を習慣づけるのも重要です。ストレスを強く感じていると、更年期障害でも体の症状が悪化しやすく、精神的な余裕があれば軽減します。多少、楽な気分で過ごせるように工夫するのは、立派な更年期障害の対策になるのです。

対策4 永遠には続かないと再確認する

「つらい症状が出ていても、これは永遠ではない」と割り切って過ごす、という考え方も更年期障害を軽減させます。いつまでも終わらないと思うと、ストレスになって症状を悪化させてしまうからです。人生の一時期のことだと気楽になってみましょう。

更年期というのは、これまでの生活から少しずつ変化し、スムーズに老齢期を迎えるための準備期間といえるかもしれません。

つらい時は医師に相談

しかし、このような対策だけでは、改善が難しい場合もあります。そのような時は、医師の診断の元「ホルモン補充療法」や「漢方療法」などの治療を行います。
更年期障害が出ている時期は一人で抱え込まないで、周りの理解を求めましょう。つらい時期だからこそ我慢するのではなく、周りのサポートに頼り、症状を悪化させないようにしたいですね。

おわりに

どんな方も更年期は訪れます。この時期に更年期障害が起こっても、原因や症状を理解しておけば、上手に乗り越えられるでしょう。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ