ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

【夏】子供の皮ふトラブル あせも・虫さされ・ムレの対処法

【夏】子供の皮ふトラブル あせも・虫さされ・ムレの対処法

はじめに

夏でも元気いっぱいの子供たちは、気づけばいろいろな皮ふトラブルに見舞われてしまいます。かゆみや痛みをもたらす皮ふトラブルはなかなかに厄介なもの。ここでは、夏の皮ふトラブルである、あせも・虫さされ・ムレの対処法をご紹介します。

あせもの対処法

あせもは、汗をかくことによって発生します。大量にかいた汗が皮ふの中に留まり、水泡を生じさせてしまうのです。赤くブツブツとした湿疹ができ、強いかゆみをもたらしてしまいます。

この「あせも」は、汗をかきやすく、かつ乾燥しにくい部位によく発生します。代表的なのが、臀部や関節部分などですが、子供は頭部に汗をかきやすく、頭、額、首などにも出来ることが多いです。子供は体温が高く汗をかきやすい上、自分で拭いたりせずそのままにしてしまうので、あせもができやすくなります。

あせもは、こまめに着替えを行ったり、吸汗性のよい洋服を着たりすることによって予防できますから、子供が汗をかいたらすぐに着替えさせてあげましょう。また、こまめにシャワーを浴びさせるようにするのも効果的。暑い日中なら、水遊びも兼ねて汗を流してあげてください。着替えたり汗を流す手段がない場合はこまめに汗をふき取ることも重要です。

エアコンがよく効いた部屋など、温度が管理されている状態ならば当然、あせもの発生確率を下げることができます。

また、あせもの治療には薬も有用です。ステロイド剤や抗ヒスタミン剤などを利用しましょう。

虫刺されの対処法

夏の皮ふトラブルのなかでも多いのが、「虫刺され」でしょう。薄着で飛び回ったり、アウトドア活動が増えたりするため、虫に刺されることも多くなります。特に子供は、平気で背の高い草の中や藪に入ってしまいます。事前に虫よけスプレーを使ったり、長袖を着せたりすることで、虫刺されのリスクは格段に抑えることができます。

蚊による虫刺されは、かゆみはあるものの、それほど危険なものではありませんが、掻き壊しによる化膿、とびひには注意が必要です。パッチタイプのかゆみ止めや塗り薬、絆創膏などを利用して、掻き壊さないための工夫をしましょう。

アウトドアで注意したいのはマダニです。マダニは草むらなどに潜んでおり、一度噛むと長い間そこに留まって血を吸い続けます。あわててはがそうとするとマダニの口部分が皮ふに残る場合があるので、噛まれたらすみやかに皮ふ科を受診してください。

ノミは動物によくつくので、ペットのいる家庭ではペットの全身を清潔にしましょう。また、野良犬や野良猫にはノミが寄生している場合がありますので、子供が触らないよう注意してください。

ムカデに噛まれた場合は、高温(43度以上)のお湯を5分以上患部に当て続けます。その後、強いステロイドクリームを用います。症状がおさまらないときは病院へ行きましょう。

ケムシに刺された場合は、毒針を抜くところから始めなければなりません。ピンセットやセロハンテープを患部にあてて引き抜きましょう。それが終わったら、水で洗い流します。その後はムカデのときと同じで、強いステロイドクリームを塗ります。

ブヨ(ブユ)は、かゆみが出た後に、強く患部を挟んで毒素を絞り出します。その後も、やはりステロイドクリームで対処してください。
なお、「刺された!」とすぐに気付いた場合は、43度以上のお湯をシャワーでかけることによって、予後をよくすることができます。

蜂に刺された場合は、針を抜き出し毒を絞り出して薬を塗り、その後冷やします。蜂の毒にアレルギーを持っていると、刺されてから30分~1時間程度で血圧が下がったり意識を失ったりして、場合によっては死に至るアナフィラキシーショックを起こす場合があります。アナフィラキシーショックが疑われる場合は、迷わず救急車を呼んでください。

ムレの対処法

子供でもムレが起こると体臭がきつくなったり、かゆくなったり、赤くなったりします。乳幼児の場合はむずがることもあるでしょう。
子供は特に、臀部や首、背中などにムレが生じやすいといわれています。

対策は「あせも」のときと同じです。

通気性のよい服を着て、部屋自体も換気をします。シャワーやお風呂も有用ですが、入った後はしっかりと水分をふきとるようにしましょう。

おわりに

夏には様々な皮ふトラブルがつきもの。特に子供の肌は繊細で、なおかつ活発に行動しますから、いつあせもやムレ、虫刺されがあっても不思議ではありません。いざというときに適切な対処ができるよう、知識をつけておきましょう。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ