ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

薄着の季節に欠かせない!ニオイケアのコツ

薄着の季節に欠かせない!ニオイケアのコツ

はじめに

夏になって憂鬱なのは、暑さや紫外線の強さだけではありませんよね。汗を大量にかくために嫌なニオイになりやすいということも大きいものです。薄着だからこそ、ニオイケアを効果的に実践したいものですね。
体にまとわりつく嫌なニオイを防ぎ、逆にさわやかさを感じさせながら、夏を乗り切るコツをご紹介します。

ニオイケアのコツ

夏の嫌なニオイの原因の一つに汗があります。汗をかいたら、すぐに拭き取ることが最大のコツになります。かいたばかりの汗は無臭ですが、雑菌が繁殖していくと嫌なニオイに変化するので、素早くふき取ることが効果的です。

汗を拭き取るときに濡れタオルで拭き取ると、快適に汗を取り去れますし、肌のキメに入り込んだ雑菌も同時に取り去ることもできます。また肌もサラサラに落ち着き汗のべたつきもなくなるので、嫌なニオイになりにくいのです。

さらにムダ毛を処理することは、ニオイケアにも効果的。ムダ毛が生えてくる部分はアポクリン腺が多くあり、アポクリン腺から分泌される汗は嫌なニオイの原因になります。ムダ毛には雑菌が溜まりやすく嫌なニオイを作り出す温床となるので、きちんと処理することがおすすめです。

同じ服を着続けていたら、ニオイをそのまま身に着けているのと同じです。また服にニオイが付いたままでは周りにもふりまいてしまいます。服をこまめに着替えることも、ニオイケアには重要。できればオフィスや出先などにも着替えを用意しておくといいですね。

ニオイケアに役立つグッズ

嫌なニオイから解放してくれる便利なグッズもご紹介しましょう。使い方を守れば、肌にトラブルを起こしません。

制汗剤

制汗剤にはさまざまなタイプがあります。直塗りで首筋や胸元にも使いやすいロールオンタイプ、ひんやりとした清涼感のあるスプレータイプ、直塗りでヒヤっとしないスティックタイプなどが多数販売されています。どのアイテムも、汗をしっかり拭き取り、肌が清潔になっている状態で使いましょう。

シートタイプの汗拭き

外出中に活躍してくれるのが、シートタイプの汗拭きです。汗ふきシートには香りがついているものや防臭効果があるもの、角質クリアや保湿ができるものもあります。汗をかいた時にさっとふけて、携帯にも便利な汗拭きシートを上手に使いましょう。

服の素材やデザインに注意を

嫌なニオイをうまく防いでくれるのは、吸水性に優れ、肌にも優しい自然素材の服です。絹や麻、綿が代表ですが、簡単に洗濯ができて丈夫な綿が特におすすめ。デザインはしめつけない、風通しの良いものを選びましょう。

吸水性のあるワキ用パッド

ワキ用パットは汗をかいてもすぐに吸い取ってくれますし、簡単に交換できるので嫌なニオイがこもりません。また最近のワキ用パットは薄型になっており、デザインやカラーも豊富です。汗じみになりやすい悩みがある方に吸水性のあるワキ用パットをおすすめします。

ニオイケアになる食生活の工夫

日本人の食生活は昔と比べて著しく変化しました。体臭も食生活の変化で強くなっています。お肉を食べる機会が増えて、体臭が強くなっているのですが、野菜や魚が中心だった時代の日本人は体臭があまりなかったのです。

つまり伝統的な和食は栄養バランスがいいだけではなく、体臭の原因になる要素が少ないし、むしろ体臭を消す効果が高いメリットがあります。野菜に含まれるポリフェノールやビタミンC、ビタミンEは抗酸化作用があり、体臭のもとを消してくれるのです。

また腸内環境を良好に整えることも、体臭を防ぐポイントです。水溶性食物繊維が含まれている海藻類はおすすめの食材といえます。特にもずくやめかぶはアルギン酸が含まれ、体臭を排出させる効果があるので、こまめに食べたい食品です。

ニオイケアでは避けたい食品はやはりお肉。あとは夏においしい料理には欠かせない香辛料や、にんにく・玉ねぎなどの香りが強い香味野菜もおすすめできません。体臭のことを考えると、たまに食べる楽しみにしておくほうがいいかもしれませんね。

おわりに

気が付いたときにショックが大きいのは自分から漂う嫌なニオイです。これを防ぐ方法はたくさんありますから、できることから実行してみましょう。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ