ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

電動歯ブラシの種類と選び方のポイント

電動歯ブラシの種類と選び方のポイント

はじめに

電動歯ブラシは非常に種類が多く、選択肢が豊富です。これは電動歯ブラシの魅力でもありますが、同時に、「どれを選んだらいいかわからない」という悩みの種にもなります。
そこで、電動歯ブラシの特徴や種類、選び方のポイントをご紹介します。

電動歯ブラシの特徴

電動歯ブラシとは、ブラシの部分を振動や回転させるなどして歯を磨くための道具です。

手で磨くだけでは実現できない電波の振動によって、歯茎のマッサージができたり、振動による刺激で唾液が分泌され、それにともなって歯と歯の間にある歯垢(プラーク)を洗い流したりするなどの機能があります。また、手で磨くよりも短時間で歯をキレイにできるという特徴もあります。特に高齢の方など手の力が弱まった方や、利き手にマヒのある方には歯を磨きやすく便利です。

電動歯ブラシの種類

電動歯ブラシにはいくつかの種類がありますが、大きくわけると下記の3つになります。
・乾電池や充電池を使用する電動歯ブラシ
・音波を使って磨く、音波振動の歯ブラシ
・超音波を使った歯ブラシ

電動歯ブラシ

ブラシの振動でプラーク(歯垢)を除去する歯ブラシです。自分で手を動かして歯を磨くのが面倒な人におすすめ。ブラシ部分が振動するだけでなく、丸形で回転するタイプのものもあります。
種類や価格は様々で、最近では100円程度から購入できる商品も!手で磨くのに自信がない方は、まず値段の安めな電動歯ブラシで試してみるのがいいかもしれませんね。

音波ブラシ

こちらもブラシの振動でプラークを除去します。音波を発することで高速の水流を作り出し、プラークを取り除いてくれるのです。また、音波が口内の細菌に作用し、細菌同士のつながりを破壊します。
歯の表面や歯茎の隙間の汚れが気になる方、矯正やインプラント治療などを行っている方におすすめです。

超音波ブラシ

最もプラーク除去率が高いのが超音波ブラシです。ブラシのヘッドに音波よりもさらに高い超音波を発するセンサーがついています。超音波は歯とプラーク内部の細菌とのつながりを壊し、歯に細菌を付着しにくくしてくれるのです。

この3種類以外にも、毛の柔らかさやヘッドの大きさ、柄の形状や値段などで細分化されます。

電動歯ブラシの選び方のポイント

電池式or充電式

電池式のものは旅行や外出先などでも使えるため携帯に便利。充電式なら電池の残量を気にせず使えますから、ライフスタイルに合わせて使い分けたいところです。
洗面台の側に電源があるかどうかも、考慮したいポイントですね。

毛の硬さ

電動歯ブラシの毛の硬さは、汚れも掻き出しやすく歯茎を必要以上に傷つけない「ふつう」が最適ですが、歯周病予防や改善を目指すなら、柔らかいものが理想的。これは、歯茎を傷めないからという理由があります。

ヘッドの大きさ

ヘッドの大きさに関しては、自分の口のサイズにあわせて選びます。ただ、迷った場合は、小さめのものにすると失敗がありません。小回りが利きますから、ぐっと磨きやすくなります。大きすぎるものは顎が痛くなる場合があるほか、磨き残しが出ることもあります。

柄のカタチ

柄はストレートでまっすぐなものが磨きやすく持ちやすいのでおすすめです。

おわりに

電動歯ブラシにはさまざまな種類があります。
「口のなかに入れて、口のなかの健康を保つもの」ですから、非常に重要なアイテム。
ただし、電動歯ブラシは、あくまで「歯を磨くときに補助してくれるもの」にすぎません。
電動歯ブラシを使うことで、「手で磨かなくてもよい」「電動歯ブラシを使えばきれいに磨ける」と思い込んでしまい、きちんとした歯磨きができなくなる人もいるので、この点には注意が必要です。手で歯を磨くときはデンタルフロスを併用するなど、電動歯ブラシに頼り過ぎないで自分の歯を守っていきたいですね。

性能や大きさ、形、特徴をよく知り、自分の口や歯、ライフスタイルにはどれが合うのかを見極めて、自分にあった電動歯ブラシを見つけてみてください。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ