ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

髪型がきまらない..."うねり髪"の原因と対策

髪型がきまらない...

はじめに

忙しい朝、早く仕事に行かないといけないのに髪の毛がきまらない!
こんな悩みを抱える人も多いのではないでしょうか。
こんなときに有効な対策を、「そもそもうねり髪は何が原因で起こるのか」ということと合わせてみていきましょう。

髪がうねる4つの原因

そもそも、どうして髪の毛はうねるのでしょうか。

これにはいくつかの理由があります。

理由1:遺伝

両親のどちらかが天然パーマの場合、子どもにもそれが受け継がれる確率は高くなります。その遺伝率は非常に高く、片方だけがくせ毛の場合でも7割以上、両者ともがくせ毛の場合は9割以上の確率で子どもに受け継がれるといわれているのです。ちなみに、成長とともに髪の毛の質も変化していきます。
また、本来毛穴は円形ですが、これが縦長の円形になると、そこから生えてくる髪の毛もくせ毛になるようです。

理由2:髪を作る成分や水分バランスの崩れ

髪の毛は、表面を覆うキューティクル、その内側のコルテックス、そして芯にあるメジュラによって成り立っています。
コルテックスは「Aコルテックス」と「Bコルテックス」の2つにさらに細分化されていますが、これのバランスが悪くなるとうねり髪の毛になりやすくなります。
また、加齢や紫外線、ドライヤーの熱などで髪の毛内部の脂質が減少し、水分バランスが崩れ不安定な状態になってしまいます。

理由3:ライフスタイル

ライフスタイルは、あらゆる方面に影響を与えます。
肩こり、行き過ぎたダイエットや飲酒など生活習慣の乱れ、油分の過剰摂取による頭皮の目詰まりなどで髪が栄養不足になり、うねり髪の原因となってしまします。

理由4:頭皮の毛穴の歪み

加齢や紫外線ダメージにより頭皮が衰えることで毛穴の歪みが起こります。毛穴が歪むと毛根も歪んでしまい、クセのある髪の毛が生えてきてしまいます。

うねり髪の対策

では、うねり髪にはどのように対応をしていったらよいのでしょうか。

まず、シャンプーは保湿成分がたっぷり入ったものや、頭皮ケアできるタイプを選びたいですね。毎日のシャンプーで頭皮の汚れをしっかり落とし、地肌に栄養と潤いを与えましょう。トリートメントに関しては、しっかりと浸透させること。ただし、トリートメントはそれぞれで用法用量が違いますから、それを守ることが一番大切です。

お風呂からあがった後はタオルで水分をふき取り、ドライヤーを当てて乾かすのが鉄則です。この後、洗い流さないタイプのトリートメントを使用し、髪の毛を落ち着かせるようにしましょう。

また、髪のうねりがひどい時期は、意識して食生活を見直しましょう。暴飲暴食によって油分のとりすぎになっていないでしょうか。
逆にダイエットをしすぎて、髪の毛にダメージがいっていないかも確認してください。

「朝、どうしても髪の毛がうねる!」という場合は、髪の毛の生え際を水でしっかり濡らして、オイルを髪の毛に塗ります。その状態でドライヤーを当てるとうねり髪をカバーできるだけでなく、スタイリングが長続きしますし、髪の毛へのダメージも少なくて済みます。

うねり髪を利用したヘアアレンジ

うねり髪は厄介なものですし、「朝の忙しいときに毎回ドライヤーをかけていられない!」という人もいるでしょう。

そんな人におすすめなのが、ヘアアレンジ。

髪の毛のうねった部分をねじっていき、最後に可愛いヘアピンやバレッタで止めるだけでうねりはめだたなくなります。
また、定番の三つ編みにしたり、お団子にしたりするのも一つの方法です。

アップスタイルにしてカチューシャやかんざしでとめるのもよいものです。

おわりに

うねり髪は、遺伝や髪の毛の状態、ライフスタイルなどによって発生します。
しかし、これらは日ごろのお手入れをきちんとすることで状態を改善することができますし、うねり髪を活かしたヘアアレンジも多数あります。
厄介なものではありますが、上手に付き合っていきたいものですね。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ