ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

夏の皮ふトラブルと汗の関係

夏の皮ふトラブルと汗の関係

はじめに

汗をかくとかゆくなったり赤くなったり、いろいろな肌トラブルに見舞われます。しかし、この「汗」には、重要な役目もあります。汗が果たす役割とそれのもたらすトラブル、そしてその対策について見ていきましょう。

汗の役割とは?

汗は、実は人間にとってとても大切なもの。

人間は恒温動物です。私たちを構成するタンパク質は熱に弱く、45度以上の熱にさらされると変性することがあります。そのため、体をこの危険な「熱」から守るために体温を下げなければいけません。

このときに活躍するのが、「汗」です。

汗は蒸発するときに、周りの熱を奪っていきます。それによって体温を効率よく下げられるのです。
風邪をひいたときや運動をしたとき、暑い所に行ったときに大量の汗をかくのはこのためです。

大量の汗が肌トラブルを招く理由

このように、汗というのは人間にとって欠かすことのできないものです。
しかし同時に、さまざまなトラブルを引き起こしてしまうのも事実。

大量の汗をかくと、汗管からだけでは汗を排出できなくなってしまいます。行き場を失った汗は肌の内部に留まって、炎症を引き起こします。この皮ふトラブルがあせもです。

さらには、ムレを招き、かゆみやかぶれ、赤みももたらします。

汗による皮ふトラブル

上であげた「あせも」「ムレ」以外でも、汗がもたらすトラブルにはさまざまなものがあります。

金属アレルギー

汗に接した金属は、微量ではありますが、溶けはじめます。これが人間を構成している物質であるタンパク質にくっつき、アレルギー反応を起こしてしまうことがあるのです。
このような接触性皮膚炎の症状が出た場合は、直接肌に触れるアクセサリーは付けないようにしてください。一度発症すると繰り返すため、原因と思われる金属は肌に触れないようにしましょう。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎を起こす主な原因は皮脂だと言われていますが、汗が詰まったことによる汚れによっても悪化する、と考えられています。
清潔にするのが一番ですが、皮膚のこすりすぎには要注意。特に成人だと慢性化する場合が多いため、バランスの良い食生活・規則正しい生活など日常生活の改善も必要です。

乾燥

意外に思われるかもしれませんが、汗をかくことによって逆に乾燥することもあります。
私たちの肌には天然の潤い成分がありますが、それが汗によって洗い流されるからです。夏でもしっかりと保湿を!

汗による皮ふトラブルの回避方法

あせもやかぶれ、金属アレルギーなどに気づいたら素早く処置を行いましょう。かきむっしてしまうと化膿して悪化したり、細菌が増殖したりして、さらなるトラブルになりかねません。
早期の段階でステロイドを用いることがおすすめです。ただし、ステロイド剤を使用する際は、使用する人の年齢、塗布場所、症状の程度により、ステロイドのランクと剤型を選び治療することが大切です。心配な人は医師や薬剤師などに相談しましょう。

汗トラブル回避のポイント

・汗をかいたらすぐ拭く(濡れタオルがベスト)
・シャワーをこまめに浴びる
・女性の場合、下着の金具部分がかゆくなることも多いので、カップ付きインナーなどを活用する
・締め付けの少ない下着を選ぶ
・金属のアクセサリーは最小限にする
・しっかりと保湿をする
・かゆみを感じた場合は、冷やしたり、抗ヒスタミン製剤で様子をみる
・炎症や痒みが強い場合には、ステロイド剤(非ステロイド剤)を使用する。その際、長期連用(首から上は1週間以内、体幹で2週間以上)はしないこと。患部が広範囲の場合は受診する

おわりに

汗は厄介なものであり、さまざまな肌トラブルを招きます。
しかし人間の体において、非常に重要な役割を果たすものであることも事実です。
上手に付き合っていきたいものですね。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ