ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

紫外線がシミ・シワを生み出す理由と予防法

紫外線がシミ・シワを生み出す理由と予防法

はじめに

紫外線がシミやシワを作る原因のひとつだと、現在は多くの方が知っていますよね。でもどうしてできてしまうのか?そのメカニズムをご存知でしょうか。
シミやシワと紫外線の関係について、そして予防法についてご紹介します。

紫外線がシミを生むメカニズム

太陽は生物を成長させ、ビタミンDを合成させるといったメリットがある反面、シミやシワを作るといったデメリットもあります。そこでまずはシミが紫外線でできるメカニズムをご説明しましょう。

紫外線を浴びると、肌が褐色に変わり日焼けしますよね。これは肌の細胞を守ろうと、肌の奥にあるメラノサイトからメラニン色素が生み出されるから。メラニン色素によって肌の細胞内のDNAにダメージを与えないための仕組みです。

必要以上に紫外線を浴び続けると、肌は「異常事態」と判断し、メラノサイトは必要以上のメラニン色素を生み出し続けてしまいます。

一方、肌のターンオーバー(新陳代謝)は紫外線を浴びすぎたり、化粧品や洗顔など外部からの刺激が強かったり、加齢やストレスなどでサイクルが乱れます。ターンオーバーが乱れればメラニンも停滞してしまい、メラニンがたくさん生産されても消えていかないのです。

紫外線やターンオーバーの乱れで停滞してしまったメラニンが色素沈着を起こし、シミを作り出してしまいます。

紫外線がシワを生み出すメカニズム

紫外線にはUVAとUVBの2種類ありますが、シワを作り出す元凶となるのはUVAです。
UVAは肌の奥深くにある真皮層にまで到達して、肌のハリやうるおいを守るコラーゲン、エラスチンなどの組織を破壊したり、変性させたりします。

すぐに変化が現れるものではありませんが、ダメージは徐々に溜まっていき、保湿機能などを低下させてしまいます。

すると、ぴんと張っていた肌のハリも支えられなくなり、シワになってしまうというわけです。

シミ・シワの予防方法は?

基本は徹底的な紫外線カット!

紫外線が原因でシミやシワができるわけですから、毎日の紫外線対策は必須です。
UVカットクリームや日傘はもちろんのこと、できるだけ紫外線に当たらないように日陰を選んで歩いたり、UVカット効果のある帽子や手袋なども活用しましょう。

シミには美白化粧品

美白化粧品は、シミやくすみの元であるメラニンの生成を抑える「メラニン生成抑制作用」と、すでにできてしまったシミなどを薄くする「メラニン還元作用」があります。
また、美白化粧品には厚生労働省が認めた「美白有効成分」が必ず配合されているのが特徴。

・ビタミンC誘導体…メラニンの生成を抑え、メラニン色素を還元する働きなど、様々な働きがある
・トラネキサム酸…メラニンの活性化を防ぎ、外用や内服の医薬品にも使用されるケースが多い
・ハイドロノキン…メラニン色素の生成を抑える。ただし、メラニン色素をつくるメラノサイトそのものを抑えるので効果が強すぎる場合も。使用法に注意し、皮膚が弱い方は医師に相談のうえ使用することをおすすめします。

シワには保湿が基本

紫外線のほかにシワの大きな敵といえば、乾燥です。肌が乾燥すれば潤いがなくなり、シワが目立ってしまいます。目立たないシワでも放っておけばより深く、濃く刻まれることに。

そこで大事なのが保湿です。ヒアルロン酸やコラーゲン、アミノ酸などの有効成分の含まれた化粧品を選びましょう。

すでに深く刻まれてしまったシワには、ビタミンC誘導体、成長因子(グロスファクター)、レチノールなどが配合されているものを選びましょう。これらは肌の奥深く(真皮層)まで届き、コラーゲンを増やして肌のハリをキープするといわれています。

おわりに

シミ・シワと紫外線の関係、そして予防法をご紹介しました。
日頃の紫外線対策はもちろんのこと、より効果的な化粧品を選んで美しい肌をキープしたいですね。
また、肌は生活を映す鏡。心身ともに健康的な生活は、美肌作りの重要な要素ということもお忘れなく!

こんな記事もチェックしています

ページトップへ