ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

今日から始めたい!美白に効く7つの習慣

今日から始めたい!美白に効く7つの習慣

はじめに

うるおいがあって、肌本来の白さが輝くような肌はやはり憧れ。シミ・そばかすがない美白肌はやはりキープしたいものです。
毎日きちんとお手入れしているのに、なかなか効果が表れない……
そこで、美白のために習慣にしたいことと、おすすめの化粧品をご紹介します。毎日の習慣にしておけば、「こんなはずでは……」と悩まずに済みますし、健やかな美白肌でいられますよ。

美白に絶対欠かせない!紫外線対策

紫外線が肌に当たると、骨や歯を強化させるビタミンDを生成してくれます。しかし浴びすぎれば日焼けだけではなく、シミやそばかすになってしまいます。また肌内部に入り込むと、シワやたるみの原因にもなるので避けたいところ。

紫外線にはA波とB波があり、肌に影響を及ぼすB波は6~8月にピークを迎えます。春・秋は約半分、冬には5分の1程度まで弱まるのです。
これからは汗もかく時期なので、UVカット剤をこまめに塗り直すことも習慣にしましょう。

基本としてはUVカット剤を使う習慣をつけましょう。紫外線はガラスも通しますから、室内で過ごす日でもUVカット剤を忘れずに。また、帽子や日傘も外出時には欠かせないアイテムです。紫外線対策は徹底的に行いましょう!

また、紫外線は蓄積するのが怖いところ。しかも紫外線が強い時間帯は気温も高く、熱中症になるリスクもあります。外出の用事があるなら、できる限り紫外線の弱い時間帯に外出することを心がけましょう。

日常生活で気を付けたい美白ポイント

毎日を過ごす中でも、美白のために気を付けたいポイントがあります。習慣付けておくと、美白肌のキープに役立ちます。

・きちんとバスタブに浸かる
リラックスできるバスタイムは、美白のためにも効果を発揮します。肌の新陳代謝が正常化しますし、血行促進効果で肌の働きがスムーズに。するとメラニン色素を含んだ古い角質も無理なく落ちていくのです。

・睡眠時間を6時間以上取る
眠っている間、心身ともに日中受けたダメージは修復されます。それは肌も同じ。できれば「肌のゴールデンタイム」と呼ばれる時間である夜22時から深夜2時はぐっすりと眠るようにしましょう(現在は必ずしもこの時間帯でなくとも、寝入りの3時間は続けて眠ることが重要という説もあります)。忙しい現代女性には難しいかもしれませんが、睡眠時間も6時間以上確保することも大事です。

・美白によい食品を積極的に摂る
下記は、美白のためにぜひ取り入れたい食品です。
○ビタミンC……赤ピーマン、パセリ、レモン など
○ビタミンA……鶏レバー、うなぎ、たまご など
○ビタミンE……魚卵(すじこ、たらこなど)、アーモンド、油 など
○ビタミンB群……B1 豚肉、玄米/B2 うなぎ、たまご/B6 マグロ、バナナ/B12 鶏レバ など
○抗酸化成分……トマト、鮭など
○タンパク質……肉、魚、たまご、大豆製品、乳製品など
○ミネラル……サクラエビ、うるめいわし、海藻(わかめ、のり) など

乾燥も美白の大敵!乾燥と美白の関係とは?

肌は乾燥状態であれば、紫外線の影響を受けやすくなります。たとえ話ですが、生魚よりも、干物は早くに火が通りますよね。肌も同じで、うるおいのない乾燥肌は紫外線のダメージをダイレクトに受けてしまいます。

乾燥肌の方は、美白のために保湿も重要。肌がしっかりとうるおっていれば紫外線のダメージも受けにくく、美白化粧品の効果も発揮できる肌になれるのです。

美白&乾燥ケアにおすすめの化粧水・乳液

乾燥肌の悩み解消と美白とを一度にできる基礎化粧品、それが「エクセルーラ」の「薬用美白シリーズ」です!

100年にわたる生薬研究を行ってきた佐藤製薬が、独自美白サポート成分を配合して作りました。

・ホワイトニングローションEX<薬用美白化粧水> 医薬部外品


・ホワイトニングエマルジョンEX<薬用美白乳液> 医薬部外品


このふたつ、紫外線によるシミやくすみなど肌ダメージを防ぐだけでなく、キメを整えます。
表面はさらっとしながら潤い、みずみずしい透明肌へ導いていくれるのです。べたつかないのでこれらかの季節にぴったりですね。
(商品の情報は2016年5月時点のものです)





おわりに

美白に効くポイントをしっかり毎日の習慣にしておくことで、効果が出てきます。
この7つの習慣を今日から始めて、なめらかな白さのある肌をキープしましょう。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ