ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

どうして水虫になるの?水虫のメカニズムと感染経路

どうして水虫になるの?水虫のメカニズムと感染経路

はじめに

つらい水虫……。
これは人に感染するものとして知られていますが、そもそも水虫は、どうして人にうつるのでしょうか。

「水虫とは何か」
「水虫はどうしてうつるのか」
「水虫のメカニズムと感染経路」についてお話します。

水虫って何?

よく知られている「水虫」ですが、これはそもそもどのようなものなのでしょうか。

水虫とは皮膚病の一種であり、人にうつります。かゆみや水ぶくれを伴うことで知られていますが、実際にはかゆみを伴わないものも。

蒸れると悪化しやすい病であり、足(特に足の裏や指)に頻発します。手や体幹部分に起こることもあり、どんな世代でも患う可能性がある病気です。

水虫のメカニズム

水虫が起こる原因は、体(皮膚)のなかに入り込んだ「白癬菌」です。この白癬菌は、人間の皮膚(角質層)を好み、そこで増殖していきます。

水虫の症状といえば、かゆみをイメージされる方も多いかと思いますが、保菌者であっても、必ずしもかゆみや水ぶくれがすぐに出てくるわけではありません。

白癬菌が活動を活発化させるのは、高温多湿の環境。汗で塗れた足が靴で蒸らされる、などがその典型例です。
また、皮膚(角質層)に含まれるケラチンが白癬菌のエサになり、増殖を繰り返していきます。
症状が悪化すると、水泡や炎症、かゆみといった「症状」が出てきます。つまり、水虫は、「いつもはおとなしくしているカビが、自分が動ける環境になったときに暴れ、人にかゆみや水ぶくれをもたらす感染性の病」であるということです。

白癬菌は、自分自身では保菌者になっていることを気づかないこともあります。そのため、人にうつしやすいというのも問題点のうちの一つです。

水虫がうつるのはいつ?どこで?

さて、ではこの水虫は、どのような環境下でうつりやすいのでしょうか。

まず、生活を一緒にしている人にはとてもうつりやすいです。なぜなら、バスマットやスリッパなど、共有で使うものが多いから。特にバスマットは、白癬菌の好む高温多湿な環境下に置かれていますから、感染源となりやすいものです。

このような事態を避けるためには、バスマットを1人1枚とし、使いまわさない方法をとるのがよいでしょう。

また、白癬菌は、清潔にしておくことでその発生を抑えることができます。もしどこかで白癬菌が付いたとしても、24時間以内に洗い流せばうつらないのです。そのため、お風呂のときにはしっかりと足を洗い、よく水気をふき取るようにします。
スリッパも1人1足にしましょう。素足が接するところは、それだけ白癬菌が移りやすいからです。

他にも銭湯やプール、サウナやヨガスタジオ、公民館や体育館、座敷の飲食店など、裸足になる機会がある場所ではうつる可能性があります。

こういった場合は、先ほどのように「清潔にしておくこと」が大切。帰宅したらすぐ、丁寧に足を洗いましょう。

おわりに

白癬菌が繁殖する「高温多湿の環境」を作り出さないことが、水虫を防ぐ第一歩。特に梅雨の時期は、高温多湿になるので注意が必要です。

日頃から「白癬菌が好む環境を作らない」「皮膚を清潔に保つ」を心がけ水虫の感染を防ぎましょう。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ