ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

汗ばむ季節は体臭に注意!清潔感のあるニオイケアとは

汗ばむ季節は体臭に注意!清潔感のあるニオイケアとは

はじめに

「自分のニオイ」というのは、なかなか客観視できないもの。
自分の家に染みついたニオイと同じで、それが「当たり前」になっているからです。

そうであるからこそ、ニオイのケアには気を付けたいものです。
ニオイの原因は、汗だけではありません。さまざまなものが要因で発生するニオイの対策をご紹介します。

どこからにおう?汗のニオイはココに注意

体のニオイは、さまざまなところから起きます。
「汗」のニオイで特に気にする人が多いのは、やはり「ワキ」。解消するための商品も多数打ち出されています。

また、「足」も意外なほどにおう部分です。汗をじっとりとかいた足の裏はニオイが強く、靴自体にもにおいが染みついてしまう場合もあります。

「髪の毛」もまた、汗をからませます。「石鹸の香りやシャンプーの香りがする髪の毛」というのは憧れの的ですが、実際には汗のニオイになってしまっていることも……。

「スソワキガ」という言葉で表されることの多い下腹部のニオイも、夏場は特に強くなります。生理時などは経血が絡みやすく、菌類も発生しやすいので注意が必要です。

要注意ポイントとニオイケア&対策

制汗剤

汗のニオイが気になる場合、気軽にできる対策です。スプレータイプや塗るタイプなどがあり、ニオイのあるものや無臭のもの、冷たく感じるものまで種類は様々です。部位や人によっては刺激が強すぎることがあるのでご注意を。

脱毛

毛は汗を絡ませやすく、ニオイの原因となります。脱毛すると汗は肌に伝い流れていくので、ニオイが留まりにくくなるのです。スソワキガの場合は、自分で処理をするとカミソリ負けをしたり生えかけのときにかゆくなったりしますので、レーザーや光、針脱毛などがおすすめです。

汗取りシート

足やワキの汗に有効です。気軽に使えるのも嬉しいところ。不快感を軽減することもできますので、ほかの方法と併用するとよいでしょう。

シャンプーを徹底する

上で挙げた方法は、すべて「体の汗」への対策です。髪の毛の場合は使えません。
髪の毛の場合は、まずはシャンプーの見直しから行います。しっかり髪の毛を洗うだけでなく、念入りに乾かすようにしてください。生乾きはにおいの元となります。

やり過ぎに注意!過剰なニオイは周囲の迷惑

私たちは「ニオイ」というと、「体臭」をイメージしてしまいます。
しかし、その体臭をごまかそうとして使う香水や柔軟剤が、逆に周囲に敬遠される原因となる場合があることも忘れてはいけません。

現在は、「スメハラ」という言葉も出ています。
「スメルハラスメント」の略称であり、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
しかしこの「ニオイ」をごまかすためにしばしば使われるフレグランス(香水)は、実は、「もっとも嫌いなニオイ対策である」という統計結果も出ています。

やはり、体臭対策は、「汗」を軽減する方法を選びましょう。香水などだけには頼らない方がよいでしょう。

おわりに

「ニオイ」は目には見せません。
また、周りも大人であるから、指摘しづらいものでもあります。
だからこそ、大人のマナーとして、しっかりと対策をしていくことが求められるのではないでしょうか。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ