ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

お肌のシミを撃退!しみの種類とタイプ別対処法

お肌のシミを撃退!しみの種類とタイプ別対処法

はじめに

シミ、特に顔に出てくるシミというのは、多くの人にとってとてもつらいものです。その悩みに寄り添うように、たくさんのシミ対策商品が出ています。
これらのシミ対策は、シミの原因を知ることでより効果的に使うことができます。
シミの種類や対策を見ていきましょう。

なぜシミができるのか?

シミができる理由はさまざまですが、そのメカニズムは、「メラノサイトの動き」で説明できるといわれています。

人間の体は、有害な刺激に対抗するべく、皮膚を強くしようとして動きます。その過程で、表皮の一番底(基底層)に存在するメラノサイトから「メラニン」つくり出されるのです。

メラニンは肌を黒くし、シミを発生させる物質であるとして嫌われることがありますが、実際には、体を守るためのバリア機能のうちのひとつなのです。

シミの種類とは

ここからは、シミの代表的なものについて見ていきましょう。

老人性色素斑

もっとも多くみられるのがこの「老人性色素斑」です。大きさはそれほど多くなく、0.1センチ未満で、隆起などは伴いません。
紫外線によって起きるものであり、頬~こめかみ部分にかけて分布します。

肝斑

30代~40代の女性という、かなり限定的な範囲の層に起こりやすいものです。原因は断定できませんが、女性ホルモンとの関係が示唆されています。そのため、ホルモンバランスが乱れやすく、変動しやすい環境(妊娠や更年期など)で起こりやすいです。

雀卵斑(ソバカス)

小さな子どもによくみられるもので、4ミリ以下の大きさで細かく分布することが多いものです。
マンガや映画などでもおなじみなので知っている人も多いかと思いますが、鼻周り~頬にかけてできることが多いものです。

これは遺伝的な要因によるところが大きいと考えられていますが、後天性のものもあります。前者は成長とともに改善がみられることもありますが、後者の場合は紫外線の影響によって濃くなることもあります。また、見た目で、完全に「先天性か後天性か」を見極めるのはなかなか難しいでしょう。

遅発性両側性太田母斑

今まで話してきた「シミ」と大きく違う特徴を持っています。
それは、このシミが皮膚の表面にあるのではなく、皮膚の深部から生じているものである、ということです。
灰色~褐色が混じった青い色をしており、目の下にできている場合はクマと間違われることもとても多いです。殴られた後にできる青あざのようにも見えるため、周りから心配されることもしばしば。

脂漏性角化症

シミが硬くなり、かつ盛り上がったものです。黒くしこりのようになり、とても目立ちます。
また、これは顔だけでなく、手の甲などに見られる場合もあります。

タイプ別!シミ対処・予防法

上ではシミの種類と特徴を見ていきました。ここからはその対策を紹介していきます。

・老人性色素斑
できたばかりの頃は美白化粧品による改善が期待できます。また、紫外線によってできることが多いので、予防策として日焼け止めを使用することがもっとも大切です。
放置していて状態が悪化した場合は、レーザーで治療します。

・肝斑
美白化粧品が非常に効果的に働いてくれます。
また、トラネキサム酸の服用によって治療していくこともできます。
肝斑については、レーザー治療は悪化する恐れがあるため、おすすめしません。内服による治療が一般的です。

・雀卵斑(ソバカス)
上でも述べましたが、先天的なものの場合は成長とともに改善していく可能性があります。
ただ、それ以外の場合は、レーザーでの治療となるでしょう。

・遅発性両側性太田母斑
治療は、「医療」の分野に一任されることになります。美白化粧品などのホームケアでは改善しませんから、レーザーで治療となります。

・脂漏性角化症
すでに皮膚が変化してしまっていますから、美白化粧品を使っても効果は出ません。
ほとんどすべてのシミに効果を示すレーザーで治療していった場合は、薄くなることはあるものの、場合によっては色素沈着が起きる場合もあります。
そのため、液体窒素や炭酸ガスレーザーなどで治療する方法が模索されます。

おわりに

シミにはたくさんの種類があり、それぞれ対策も違います。自分のシミがどのタイプかを見極め、きちんと対処しましょう。
「自分ではよくわからない」ということであれば、皮膚科や美容外科の専門医に相談してみましょう。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ