ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

かんたんスッキリ!クローゼットの整理術

かんたんスッキリ!クローゼットの整理術

はじめに

クローゼットを開けた瞬間、目に飛び込んでくるごちゃっとした光景……。
「自分の物ながら頭が痛い」という人も多いのではないでしょうか。

クローゼットの中身はすっきりさせることで風通しがよくなり、湿気やカビ対策ができます。
今すぐできる、おすすめの整理術をご紹介しましょう。

まずは減らす!着ないものは思い切って手放そう

まずは、クローゼットに入れるものを選別しましょう。
ただ、「選別」といっても、どのような基準で選別するかを迷う人は多いもの。
そこで、下記のようなチェックポイントを用意しました。

衣服自体が傷んでいる

虫による小さな穴、布がヨレヨレになっている、形が崩れているなど。このようなものは、思い切って捨ててしまいましょう。

面倒な手入れが嫌で結局着ていないもの

デザインも素敵だし値段も高かったけれども、自宅で洗濯ができず、毎回手入れが大変……といったものです。もちろん、手入れが大変であっても、それを押してでも着たい!と思うのならば大切にしましょう。

デザインが流行遅れ

洋服に「正解」はありませんから、どんなものでも自分が気に入っていれば残しましょう。ただ、デザインがあまりにも古くて、それが原因で着なくなっているのであれば捨て時です。

高価だったけれどあまり着ない

高価なものだったけれどあまり着ていない、というものも思い切って捨てましょう。どうしても捨てられないのなら、1年程度タンスの奥に眠らせておき、「1年経っても1度も着なかった」ということであれば捨てる、と決めても良いでしょう。

見た目もスッキリ!収納ワザ

整理整頓されていて、すっきりとした印象のクローゼットにするためのポイントを紹介します。

種類別にそろえる

まずは種類をそろえましょう。種類や素材で分けるのが基本ですが、ハンガーを使って収納しておくものは「長さ」をそろえると、ごちゃついた印象になりません。特に洋服は、このような「長さでそろえること」が有用です。

使用頻度で分ける

使用頻度で分けるのもよいでしょう。頻繁に使うものは手の届く範囲に置き、それほど使用頻度が高くないものはその下に、もっと使用頻度が低いものはイスがなければ届かないような上段においておきます。

帽子や小物は四角い蓋つきの箱に入れて片付けるのが基本。しかしこうすると中が見えなくなってしまうので、小窓をつけたり詳細を書いた付箋を貼ったりして工夫を。
ただし、「1年使わなければ捨てる」「片付けた中身を思い出せなければ捨てる」と決めているのであれば、このような工夫をしていない箱に入れてもよいでしょう。捨てる段になって中身が見えてしまうと躊躇するからです。

また、「ハンガーにひっかけてかけておくだけの収納」にしておくと、面倒がなくてかなり便利です。「畳んでしまう」のは、確かにクローゼットのなかを片付けるために有用。しかし面倒になってやらなくなってしまえば元も子もありません。

スッキリを維持するためのポイント

クローゼットをすっきりさせたら、それを維持するための方法を考えましょう。

とにかく大切なのは、「物を増やさない」ということ!
コートを1枚買ったら前のコートは捨てる、パンツを新しくしたら前のパンツを捨てる……などです。

タンスの奥の方にしまい込んでしまったアイテムは、多くの場合、2度と引き出されることがありません。
タンスがぎっしりと詰まっていればなおさらです。収納力には常に余裕を持たせるようにしましょう。

収納下手さんがよくやってしまいがちなのは、「収納家具を増やす」という方法。

収納家具を増やしても、その収納家具を収納するところがない、というのはよくある話。また、統一感のとれていないクローゼットにもなりがちなので、収納家具選びは慎重に。

おわりに

クローゼットの中身は自分を映す鏡のようなもの。いつでもすっきり整理しておきたいですね。
きちんと収容された使い心地のよいクローゼットは、開けるたびに、きっとあなたを幸せにしてくれるでしょう。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ