ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

季節の変わり目は【保湿】が大切!

季節の変わり目は【保湿】が大切!

はじめに

肌トラブルが起こりがちな季節の変わり目は、いつも以上に、そしていつもとはちょっと違ったケアをしなければなりません。
今回は、「季節の変わり目」に注目して、スキンケアの方法をお話していきます。

季節の変わり目に肌が不安定になる理由

季節の変わり目は、肌がとても不安定になります。
それにはいくつかの理由があるのですが、代表的なのは、「寒暖差」でしょう。
春を例にとれば、気温が30度近くになる日もあれば、その翌週はいきなり冬に逆戻りしたかのように寒くなる……など、気温や天候が一定しません。気温だけでなく、花粉の影響で肌が不安定になる場合も。
このような状況は、肌に大きな負担を与えます。

また、春は環境の変化が大きく、ストレスがたまる時期でもあります。環境の変化によるストレスは、「出世」「進学」のような望ましい変化であっても、体と心にのしかかるのです。加えて、環境の変化によって緊張して眠れなくなるなどの「睡眠不足」も影響を与えます。

このように、季節の変化によって不安定になる肌を、一般的に「ゆらぎ肌」と言います。

どんな肌トラブルが起こるの?

ゆらぎ肌になった場合、さまざまな肌トラブルが起きます。

たとえば、乾燥。カサカサと肌がかさつき、化粧のノリが極端に悪くなるといった状況に陥ります。
また、赤みやかゆみが出てしまい、肌がムズムズとして落ち着かなくなる人も。

ニキビができやすくなり、治りにくくなることを気に病む人もいれば、「いつもと同じスキンケア用品を使っているのに、やたらにしみる」ということで、ゆらぎ肌を実感する人もいます。

これらがゆらぎ肌の代表的なトラブルですが、これ以外にも、ヒリヒリした「痛み」が起きることもあります。

敏感になった肌には負担の少ないケアを

このようなゆらぎ肌に対抗する方法として、「保湿」が挙げられます。

季節の変わり目の肌はとても敏感であるため、肌に刺激を与えるスキンケアは避けましょう。保湿をしっかり行い、肌を包んであげることが大切です。

保湿成分は数多くありますが、そのなかでも特に効果が高いと言われているのは、「セラミド」です。これは人間の肌に存在する成分であり、肌が敏感になっているときも安心して使えます。もっとも有用な保湿成分のうちのひとつですから、セラミドが配合された化粧品を選びましょう。

化粧水によるケアは基本ですが、あまりにもたくさんつけすぎるのは逆効果です。化粧水は蒸発するとき、肌の水分も引き連れて蒸発します。そのため、あまりにも多く使いすぎると、逆に肌の水分量を少なくしてしまうのです。

「保湿効果が高いといわれている美容液を使っても、肌が乾燥している」という場合は、ワセリンやバーム、クリームのような油分の多いものを使います。

肌が痛んでいると洗顔に気合を入れてしまいがちですが、「こする洗顔」は、肌にダメージを与えます。ぬるま湯で優しく洗うようにするとともに、すすぎは十分に行いましょう。

肌は、「体の内部の状況」に多大な影響を受けます。そのため、食事を見直すことも重要です。バランスのとれた食生活をするとともに、肌によいと言われているビタミンCやイソフラボン、タンパク質などをよくとり入れましょう。

おわりに

不安定で敏感な、「季節の変わり目の肌」は、しっかりとケアをしてあげることが重要です。「保湿」をキーワードに、優しく労わっていきましょう。また、肌トラブルがどうしても改善しない場合は、皮膚科の受診をおすすめします。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ