ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

部屋も気分もスッキリ!想像以上にキレイに見える掃除のコツ

部屋も気分もスッキリ!想像以上にキレイに見える掃除のコツ

はじめに

部屋を美しくキレイにすると、不思議と気分もスッキリしますよね。しかし、部屋のすべてをきれいにしようとすると、手間も時間もかかるもの。
ここでは、ちょっとの工夫できれいに見えるコツを紹介します。

かんたんキレイの大前提は「揃える」&「輝かせる」

簡単に、「きれいな部屋」を作り上げるには、「そろえる」と「輝かせる」がキーワードです。

たとえば、本。
これは乱雑に積み上げると、とても雑然として見えます。しかし、サイズや幅をそろえて積み重ねると、とてもすっきり仕上がります。
この方法は、キッチンなどにも使えます。同じくらいの大きさのコップ、同じくらいの厚みのある皿を積み重ねることで、散らかった印象を払拭できます。

また、「輝かせること」も重要です。
シンクやコップ、ガラスのように、光を反射するものをきれいに磨きあげましょう。そうすることで、「きちんと手入れされた部屋」「きちんと手入れされた小物」を演出できます。

掃除は、ほこりや汚れが見つけやすい午前中に行います。太陽の光が、きれいに磨き上げたお部屋に反射しますし、気持ちもしゃっきりするからです。

お部屋掃除のコツ

お部屋掃除の基本は、「物を少なくすること」です。
物が少なければ、それだけ部屋の片づけがラクになります。また、床に物を置かないことで、散らかった印象を少なくすることができます。とても広い家ならば別ですが、そうでないのなら、「迷ったら捨てる」というくらいの気持ちを持って、物を捨てていくと片付けやすくなるでしょう。
どうしても必要なものは、置き場所を決め、そこに戻すようにします。

窓や壁などは、掃除のときに忘れられやすい場所です。しかしこれは空間に占める面積が多いため、掃除をしておくと、部屋が明るくなります。特に、キッチンの壁や、喫煙者の部屋の壁は汚れやすいのでこまめにお掃除を。

キッチン・お風呂・トイレなど掃除のコツ

キッチンやお風呂、トイレといったところは、臭いがこもりやすい場所です。芳香剤を使うのも良いのですが、基本は換気です。特に、キッチンの場合は芳香剤を使うと料理の香りと混じってしまうので、あまりおすすめできません。

水回りや蛇口は、水滴や汚れを残さないように注意します。歯磨き粉やクエン酸、重曹を使って掃除をすれば安全ですが、IHの場合はクリームクレンザーを使ってもよいでしょう。IHは、焦げ付きを掃除することで、新品のような輝きを取り戻せます。

トイレ掃除は、便座裏や床も忘れずに掃除します。特に男性と一緒に暮らしている場合は、このあたりにも尿しぶきがとびちることがありますので、注意して掃除をしてください。

浴槽の掃除は、洗剤を使ってもよいのですが、残り湯に重曹を入れるだけでもきれいになります。重曹を入れて、一晩そのまま放置しましょう。

おわりに

掃除はなかなか大変なものですが、コツを覚えて掃除をすれば、意外なほど簡単にきれいにできます。
「毎日、ちょこっと」を実践し、過ごしやすい部屋を作り上げましょう。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ