ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

お肌の「シミ対策」を徹底研究!オススメ&NG行動

お肌の「シミ対策」を徹底研究!オススメ&NG行動

はじめに

年を重ねていくと気になるのが「シミ」です。
このシミは、一度できてしまうとなかなか消せないものだから、出てくる前の予防とケアが大切。
数多くある「シミの原因」をブロックして、シミ対策に努めたいものです。

今回は、シミのケア方法とNG行動について見ていきましょう。

シミの原因

シミの原因となるものはたくさんあります。

まずは「紫外線」。紫外線はシミを作るもっとも大きな原因のひとつです。ただ、紫外線そのものがシミを作るというわけではありません。
紫外線は肌に様々なダメージを与えます。そうすると、体は紫外線のダメージに負けない強い肌を作ろうと考え、その過程メラニンが作られます。多すぎるメラニンは体外に排出されずに皮膚に残り、それがシミとなってしまうのです。紫外線によって生じるシミは、防衛反応のうちのひとつ。

これに「老化」が加わると、さらに新陳代謝が衰えてしまうため、メラニンが肌に残ってしまい、シミの原因となってしまうのです。

間違ったスキンケアもシミの原因になります。よかれと思って顔を頻繁に洗ったり、肌に合わないスキンケア用品を使ったりすることで、肌はダメージを受けます。ダメージを受けた肌は、紫外線のときと同じように、肌を強くするためにメラニン色素を作り出してしまうため、シミになってしまうのです。

その他、シミの原因は心と体の健康に直結しています。ストレスは肌荒れを招きやすいですし、活性酸素を増やす原因にも。同様に、睡眠不足やタバコなどもよくありません。偏った食生活もニキビやシミといった肌トラブルのリスクを増加させます。

シミ予防&対策

老化によるシミの増加は、個人差はあるものの、完全に避けることはできません。そのため、紫外線対策などを強化していくのが現実的でしょう。

紫外線対策として有用なのは、やはり「日焼け止め」です。
紫外線にはUVAとUVBの2つがありますが、シミを作る主な原因はUVA。このUVAは、「PA」という数値によって表されますが、日常生活で使うのであれば、+~++くらいを選ぶとよいでしょう。SPFやPAの数値が高すぎる日焼け止めを使うと、これもまた肌の負担となるので要注意。いつどこで使うのか、条件によって使い分けましょう。

スキンケア用品は人によって合う・合わないがあるので、絶対的な「正解」はありません。
ただ、ある程度年齢を重ねたのであれば、保湿を重要視した方がよいでしょう。保湿をした肌というのは、見た目が美しく化粧のノリがよくなるだけでなく、紫外線やほこりなど外部からの刺激にも強いからです。

ライフスタイルの見直しは、まずはきちんとした睡眠から。「眠ること」は成長ホルモンの分泌を促し、肌の修復に役立ちます。特に22:00~2:00までは「ゴールデンタイム」と呼ばれる時間帯ですから、この時間はしっかり眠っておきましょう。(現在は、眠る時間帯にはこだわらず、寝入りの3時間を連続して眠ることが重要とする説もあります)また、ストレス解消ができるというメリットもあります。
煙草はやめます。「どうしてもやめられない」ということであれば節煙をしてみましょう。

食事はバランスのとれた食生活を心がけます。特に、美白成分として名高いビタミンCのよく含まれている食べ物が効果的です。

シミにつながるNG行動

上でも触れましたが、紫外線対策をしないことや睡眠不足、喫煙やバランスの欠いた食事などはすべて、シミに繋がります。

紫外線を浴びればメラニン色素が作られますし、睡眠不足になれば肌の修復が遅れます。喫煙をしているとニコチンが血管を収縮させてしまうため、きちんと酸素と栄養が回らなくなり、肌トラブルが起きやすくなります。バランスの欠いた食事でニキビができれば、そこで起こった炎症が色素沈着を起こす可能性があります。

「肌によい生活」は「健康に良い生活」でもあります。しっかりと対策していきましょう。

おわりに

シミは一度できてしまうと、なかなか消えにくいものです。
そのため、事前の予防がとても大切です。
「いつまでも白い肌」を保つため、さっそく今日から対策をしていきましょう。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ